スマートフォン用の表示で見る

毛利輝元

社会

毛利輝元

もうりてるもと

戦国大名毛利元就の孫。

父である毛利隆元の急死にともない、毛利家を継ぐ。

尼子家残党の蜂起や宇喜多直家との争いを経て織田家と敵対関係に入るが、本能寺の変により急遽織田側の重臣・羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)と講和。以後秀吉軍の傘下となり、後に五大老の一人となる。

関ヶ原の合戦当時では甥の毛利秀元に毛利軍の指揮を任せ、自身は大坂城に居た。しかし、秀元と吉川広家との政治的対立により関ヶ原では毛利軍は身動きが取れず。その結果、萩に転封され、領土も周防長門の2ヶ国に大幅削減された*1

大坂の陣では徳川方に味方せざるを得なくなったが、家臣・内藤元盛に軍資金と兵糧米を引き出物と称して豊臣秀頼に送らせたという*2

*1:これが長州藩となった

*2:元盛は佐野道可と変名して大坂入城、後に戦死する