スマートフォン用の表示で見る

毛利元就

キーワードの候補

2件

テレビ

毛利元就

もうりもとなり

NHK大河ドラマ第36作。平成9年(1997)放送。

スタッフ

  • 原作:永井路子(『山霧』『元就、そして女たち』より)
  • 脚本:内館牧子
  • 音楽:渡辺俊幸
  • 語り手:平野啓子(小三太の“死後の妻”も演じる)
  • 時代考証:岸田裕之 米原正義
  • 題字:毛利元就(自筆書状より)
  • 演出:松岡孝治ほか
  • 制作統括:木田幸紀

キャスト

参考文献『NHK大河ドラマストーリー 毛利元就(前編・後編)』NHK出版

ほか、大河ドラマを扱っている諸サイト(『毛利元就』『キャスト』でググって見つけたところ)。

社会

毛利元就

もうりもとなり

戦国武将

毛利家は鎌倉幕府重臣、大江広元に起源を持つ*1家紋の一文字三星は大江家の家紋でもある。

毛利弘元の次男、陸奥守。

大永3年(1523年)兄の興元とその子幸松丸が病死し、毛利家の当主となる。

天文6年(1537年)尼子氏より離反し、大内氏に属する。その際、長男隆元を人質として山口に送る。

天文13年(1544年)三男隆景を小早川家に養子におくる。

天文15年(1546年)家督を長男隆元に譲る。

天文16年(1547年)次男元春を吉川家に養子におくる。

天文23年(1554年)尼子家中に謀略を仕掛け、新宮党を滅ぼす。

弘治元年(1555年)厳島合戦において陶晴賢を討つ。

弘治3年(1557年)大内氏を滅ぼし、周防長門を領有する。

永禄9年(1566年)尼子氏を滅ぼし、出雲隠岐を領有する。

*1:その子孫らはやがて江戸幕府を倒幕する