小早川隆景

社会

小早川隆景

こばやかわたかかげ

戦国武将毛利元就の三男。(1533年〜1597年)

安芸の豪族、小早川家に養子として送り込まれる。以後、兄の元春とともに毛利宗家を支え、毛利両川と称えられた。

柔和な人柄であったとされ、外交に適性を発揮している。秀吉に従って北九州で大領を有し、後に秀秋を養子に迎えている。

史跡

文禄の役朝鮮出兵)の時に彼が朝鮮から持ち帰ったものと伝えられる鐘が広島県竹原市の本町―通称『安芸小京都』―にある浄土真宗照蓮寺(参照『龍頭山照蓮寺』)に寺宝として保存されており、明治43年(西暦1910年)から国の重要文化財に指定されている。