友部正人

音楽

友部正人

ともべまさと

1950年5月25日東京に生まれる。

1972年に「大阪へやってきた」でレコード・デビュー。以後、最新作「何かを思いつくのを待っている」(2004年)まで29作のアルバムを発表。鋭く深遠な詩の世界と存在感のある歌唱によって、日本の音楽界で独自のポジションを築いている。

詩集やエッセイ集も精力的に発表し、詩人としての評価も高い。

アルバム

  • 大阪へやってきた(1972年
  • にんじん(1973年
  • また見つけたよ(1973年
  • 誰もぼくの絵を描けないだろう(1975年
  • ベスト・セレクション
  • 1976
  • なんでもない日には(1980年
  • ポカラ(1983年)
  • カンテグランデ(1983年)
  • 6月の雨の夜、チルチルミチルは(1987年
  • はじめぼくはひとりだった(1988年)
  • 夕日は昇る(1989年)
  • ライオンのいる場所(1991年
  • 雲のタクシー(w.矢野誠
  • けらいのひとりもいない王様(w.たま 1992年)
  • 遠い国の日時計(1992年)
  • ぼくの展覧会(1993年 デビュー20周年記念アルバム)
  • 奇跡の果実(1994年
  • 夢がかなう10月(1996年)
  • 少年とライオン(1997年 ベスト盤)
  • イタリアの月(1997年 ベスト盤)
  • ブルースを発車させよう(1997年 デビュー25周年アルバム)
  • 読みかけの本(1999年)
  • 休みの日
  • あれからどれくらい(2003年 デビュー30周年アルバム)ASIN:B0000BZ5Q8
  • 何かを思いつくのを待っている(2004年)ASIN:B0001N1LUO

朗読アルバム(企画)

  • no media
  • no media 2
  • LIVE no media 2002