頼山陽

読書

頼山陽

らいさんよう

山陽(1780~1832)

諱は襄、字は子成、通称は久太郎で、山陽はその雅号である。ほかには三十六峰外史とも。

頼春水先生の嫡男。江戸時代の漢学者、漢詩人。


代表作には「耶馬溪図巻」「耶馬溪図巻記」、『日本外史』、『日本政記』などがある。