佐久間象山

佐久間象山

(一般)
さくましょうざん

幕末の兵学者・思想家。信州松代藩士。文化8年2月28日1811年3月22日)〜元治元年7月11日1864年8月12日)。
西洋の学問・歴史に造詣が深く、地元松代で日本初の電信実験を成功させている。
開国論・公武合体論を説き、京都・三条木屋町で尊皇攘夷派により暗殺される。
門弟に吉田松陰・小林虎三郎勝海舟河井継之助坂本龍馬橋本左内加藤弘之など。
長野市松代町にある、象山神社*1に祀られる。

*1:神社の名前は「ぞうざん―」である。また長野県歌「信濃の国」でも「ぞうざん」と歌われるなど、地元長野では「ぞうざん」で定着している。

ネットの話題: 佐久間象山

人気

新着

新着ブログ: 佐久間象山