スマートフォン用の表示で見る

緑膿菌

サイエンス

緑膿菌

りょくのうきん

Pseudomonas aeruginosa

真正細菌の一種。正常な人の腸管内をはじめ、水中や土壌など自然界に広く分布している常在菌。

細菌が傷口に感染した際に見られる緑色の膿が名前の由来である。

ヒトに対する病原性

健康なヒトに対して影響することはないが、抵抗力の低下した人に呼吸器感染症、尿路感染症、菌血症や敗血症などを引き起こす。火傷部位に起こる感染,じゅく創部感染,手術後に感染しやすい。日和見感染院内感染につながることも。

緑膿菌感染症の予防

健康なヒトであれば、手洗いとうがいで十分予防が可能。病院等の医療機関においては、医療器具をはじめとする患者が触れる可能性のある物、場所の消毒に注意が必要。