2006 World Baseball Classic

スポーツ

2006 World Baseball Classic

にせんろくわーるどべーすぼーるく

概要

本来は2005年に開催する予定であったが、調整により2006年開催となる。

2006年3月3日より4つのブロックで1次リーグを行い、上位2カ国(計8カ国)が2次リーグに進出。

2次リーグの上位2カ国(計4カ国)が決勝トーナメントに進出。

3月18日に準決勝、3月20日に決勝を行い、野球の世界一を決定。

WBC独自ルール

  • 全試合DH制。
  • 投球数は1次リーグが65球、2次リーグが80球、準決勝と決勝は95球まで。投球中に制限数を迎えた投手は、その対戦打者が打席を終えるまでは投球が認められる。
  • 登板間隔は、50球以上投げた場合は中4日、30球以上50球未満の場合と30球未満でも連投した場合には中1日が義務付けられる。
  • 2次リーグまでは5回15点差、7回10点差のコールドゲーム規定。
  • 2次リーグまで延長戦は14回まで。決勝トーナメントは無制限延長だが、状況次第ではサスペンデッドゲームとなる。
  • プールAに限り予告先発採用。

1次・2次リーグ順位決定

日程と勝敗表(開始時刻はA組以外米国東部時間)

1次リーグ

プールA(日本・東京)
13月3日韓国2-0台湾東京ドーム11:30 始球式衣笠祥雄
23月3日○日本18-2中国東京ドーム18:308回コールド始球式トム・ラソーダ
33月4日韓国10-1中国東京ドーム11:00 始球式山内一弘
43月4日○日本14-3台湾東京ドーム18:007回コールド始球式佐々木主浩
53月5日台湾12-3中国東京ドーム11:00 始球式福本豊
63月5日●日本2-3韓国東京ドーム18:00 始球式金田正一
プールB(アリゾナ州フェニックス)
13月7日米国2-0メキシコチェース・フィールド16:00 
23月7日カナダ11-8南アフリカスコッツデール・スタジアム21:00 
33月8日米国6-8カナダチェース・フィールド16:00 
43月8日メキシコ10-4南アフリカスコッツデール・スタジアム21:00 
53月9日カナダ1-9メキシコチェース・フィールド20:00 
63月10日米国17-0南アフリカスコッツデール・スタジアム15:005回コールド
プールC(プエルトリコサンファン)
13月7日プエルトリコ2-1パナマヒラム・ビゾーン19:00 
23月8日プエルトリコ8-3オランダヒラム・ビゾーン13:00 
33月8日キューバ8-6パナマヒラム・ビゾーン19:30延長11回
43月9日キューバ11-2オランダヒラム・ビゾーン19:00 
53月10日パナマ0-10オランダヒラム・ビゾーン13:007回コールド
63月10日プエルトリコ12-2キューバヒラム・ビゾーン19:307回コールド
プールD(フロリダ州オーランド)
13月7日ドミニカ共和国11-5ベネズエラディズニーズ・ワイド・ワールド・オブ・スポーツ 13:00 
23月7日豪州0-10イタリアディズニーズ・ワイド・ワールド・オブ・スポーツ20:007回コールド
33月8日ベネズエラ6-0イタリアディズニーズ・ワイド・ワールド・オブ・スポーツ19:00 
43月9日ドミニカ共和国8-3イタリアディズニーズ・ワイド・ワールド・オブ・スポーツ13:00 
53月9日ベネズエラ2-0豪州ディズニーズ・ワイド・ワールド・オブ・スポーツ20:00 
63月10日ドミニカ共和国6-4豪州ディズニーズ・ワイド・ワールド・オブ・スポーツ19:00 
勝敗表
プールA JPNKORTPECHN 勝率順位
日本JPN●2-3○14-3○18-23 201 .6672
韓国KOR○3-2○2-0○10-13 300 1.0001
台湾TPE●3-14●0-2○12-33 102 .3333
中国CHN●2-18●1-10●3-123 003 .0004
プールB USACANMEXRSA 勝率順位
米国USA●6-8○2-0○17-03 201 .6672
カナダCAN○8-6●1-9○11-83 201 .6673
メキシコMEX●0-2○9-1○10-43 201 .6671
南アフリカRSA●0-17●8-11●4-103 003 .0004
プールC PURCUBPANNED 勝率順位
プエルトリコPUR○12-2○2-1○8-33 300 1.0001
キューバCUB●2-12○8-6○11-23 201 .5002
パナマPAN●1-2●6-8●0-103 003 .0004
オランダNED●3-8●2-11○10-03 102 .3333
プールD DOMVENAUSITA 勝率順位
ドミニカ共和国DOM○11-5○6-4○8-33 300 1.000 1
ベネズエラVEN●5-11○2-0○6-03 201 .6672
オーストラリアAUS●4-6●0-2●0-103 003 .0004
イタリアITA●3-8●0-6○10-03 102 .3333

2次リーグ

プール1(カリフォルニア州アナハイム)
13月12日●日本3-4米国エンゼルスタジアム16:00誤審・判定変更で抗議中断
23月12日韓国2-1メキシコエンゼルスタジアム23:00 
33月13日韓国7-3米国エンゼルスタジアム22:00 
43月14日メキシコ1-6○日本エンゼルスタジアム19:00 
53月15日韓国2-1●日本エンゼルスタジアム22:00 
63月16日メキシコ2-1米国エンゼルスタジアム19:30誤審で抗議中断
プール2(プエルトリコサンファン)
13月12日キューバ7-2ベネズエラヒラム・ビゾーン13:00 
23月12日ドミニカ共和国1-7プエルトリコヒラム・ビゾーン20:00 
33月13日ドミニカ共和国7-3キューバヒラム・ビゾーン13:00 
43月13日ベネズエラ6-0プエルトリコヒラム・ビゾーン19:00 
53月14日ドミニカ共和国2-1ベネズエラヒラム・ビゾーン19:00 
63月15日プエルトリコ3-4キューバヒラム・ビゾーン19:00抗議によりキューバ監督退場処分
勝敗表
プール1 KORJPNMEXUSA 勝率順位
韓国KOR○2-1○2-1○7-33 300 1.0001
日本JPN●1-2○6-1●3-43 102 .3332
メキシコMEX●1-2●1-6○2-13 102 .3334
米国USA●3-7○4-3●1-23 102 .3333
プール2 PURCUBDOMVEN 勝率順位
プエルトリコPUR●3-4○7-1●0-63 102 .3333
キューバCUB○4-3●3-7○7-23 201 .6672
ドミニカ共和国DOM●1-7○7-3○2-13 201 .6671
ベネズエラVEN○6-0●2-7●1-23 102 .3334

決勝トーナメント(カリフォルニア州サンディエゴ)

準決勝
13月18日ドミニカ共和国1-3キューバペトコパーク15:00 
23月18日韓国0-6○日本ペトコパーク22:007回より警告試合・雨天45分中断
決勝
3月20日○日本10-6キューバペトコパーク21:00始球式ハンク・アーロン

表彰&記録

ベストナイン(優秀選手)

投手松坂大輔(日本)、朴賛浩韓国)、ヤデル・マルティ?キューバ
捕手里崎智也(日本)
一塁手李承除エ(韓国
二塁手ユーリスキー・グリエルキューバ
三塁手エイドリアン・ベルトレ?ドミニカ共和国
遊撃手デレク・ジーター米国
外野手イチロー(日本)、ケン・グリフィーJr.米国)、李鍾範韓国
指名打者ヨアンディ・ガルロボキューバ

最優秀選手

その他

失格
退場処分
警告試合

日本代表(数字は背番号)

監督・コーチ

監督

89王貞治

コーチ

84武田一浩 85辻発彦 86鹿取義隆 87大島康徳 88弘田澄男

代表選手(☆は五輪、◇は国際試合で日本代表経験あり)

位置代表背番号選手名所属球団備考
投手11清水直行千葉ロッテマリーンズ 
  12藤田宗一千葉ロッテマリーンズ 
 15黒田博樹広島東洋カープ怪我で辞退
  15久保田智之阪神タイガース 
 18松坂大輔西武ライオンズMVP
 19上原浩治読売ジャイアンツ 
  20薮田安彦千葉ロッテマリーンズ 
 21和田毅福岡ソフトバンクホークス 
  24藤川球児阪神タイガース 
 31渡辺俊介千葉ロッテマリーンズ 
  40大塚晶則テキサス・レンジャーズMLB
  41小林宏之千葉ロッテマリーンズ 
 47杉内俊哉福岡ソフトバンクホークス 
 61石井弘寿東京ヤクルトスワローズ1次リーグ参加
  61馬原孝浩福岡ソフトバンクホークス2次リーグ追加召集
捕手 22里崎智也千葉ロッテマリーンズ 
 27谷繁元信中日ドラゴンズ 
 59相川亮二横浜ベイスターズ 
内野手1岩村明憲東京ヤクルトスワローズ 
 2小笠原道大北海道日本ハムファイターズ 
 3松中信彦福岡ソフトバンクホークス 
  7西岡剛千葉ロッテマリーンズ 
  8今江敏晃千葉ロッテマリーンズ 
 10宮本慎也東京ヤクルトスワローズ 
  25新井貴浩広島東洋カープ 
 52川粼宗則福岡ソフトバンクホークス 
外野手5和田一浩西武ライオンズ 
  6多村仁横浜ベイスターズ 
  9金城龍彦横浜ベイスターズ 
 17福留孝介中日ドラゴンズ 
 23青木宣親東京ヤクルトスワローズ 
  51イチローシアトル・マリナーズMLB

日本代表の戦績

1次リーグ
3月3日日本18-2中国東京ドーム18:308回コールド○=上原、S=清水
3月4日日本14-3台湾東京ドーム18:007回コールド○=松坂、薮田、小林宏藤川
3月5日日本2-3韓国東京ドーム18:00 渡辺、藤田、杉内、●=石井、藤川、大塚
2次リーグ
3月12日日本3-4米国エンゼルスタジアム16:00 上原、清水、藤田、薮田、●=藤川
3月14日メキシコ1-6日本エンゼルスタジアム19:00 ○=松坂、和田毅、薮田、大塚
3月15日韓国2-1日本エンゼルスタジアム22:00 渡辺、●=杉内、藤川、大塚
準決勝
3月18日韓国0-6日本ペトコパーク22:00 ○=上原、薮田、大塚
決勝
3月20日日本10-6キューバペトコパーク21:00 ○=松坂、渡辺、H=藤田、S=大塚
打率.311 (1位=8試合)
防御率2.49 (3位、68回2/3=8試合)

米国代表

監督・コーチ

監督

バック・マルティネス

コーチ

デーブ・ジョンソン レジー・スミス? ケン・グリフィーSr.

代表選手

投手

ロジャー・クレメンス チャド・コルデロ ブライアン・フエンテス? トッド・ジョーンズ

ブラッド・リッジ? ジョー・ネーサン? ジェイク・ピービ スコット・シールズ

ヒューストン・ストリート マイク・ティムリン? ダン・ウィーラー?

ドントレル・ウィリス アル・ライター? ゲリー・マジュースキ?

捕手

マイケル・バレット? ブライアン・シュナイダー ジェイソン・バリテック

内野手

デレク・リー マーク・テシェイラ? チェース・アットリー? チッパー・ジョーンズ

アレックス・ロドリゲス デレク・ジーター マイケル・ヤング

外野手

ジョニー・デーモン ジェフ・フランコア ケン・グリフィーJr. マット・ホリデー?

バーノン・ウェルズ? ランディ・ウィン?

MLBまたは傘下マイナー選手で米大陸以外の海外代表

選手

投手

朴賛浩 徐在応 金炳賢 金善宇 奉重根韓国) 

郭泓志 胡金龍台湾) バリー・アーミテージ?南アフリカ

ダミアン・モスオーストラリア

マーク・マルダー シドニー・ポンソン カーク・サールース?オランダ

マイク・ギャロ? マット・マンタイ? ロン・ビローン?イタリア

捕手

マイク・ピアザイタリア

内野手

崔熙渉韓国) ブラッドリー・ハーマン?オーストラリア

ユレンデル・デカスター? シェイ・ヒレンブランド?オランダ

外野手

フランク・カタラノト? デービッド・デルーチ?イタリア

アンドルー・ジョーンズオランダ


*1:大会終了後に在籍した者も含める

2006 World Baseball Classic
目次