スマートフォン用の表示で見る

NSR

一般

NSR

えぬえすあーる

ホンダの2ストロークエンジン搭載のバイク。

50cc、80cc、150cc、250ccの市販型と、250cc、500ccのWGP車両のものがある。

50ccのNSRはNチビなどと呼ばれる。

最も有名なNSRの市販車である250ccは87〜96年にかけて生産され、

  • 87年式→MC16
  • 88〜89年式→MC18
  • 90〜93年式→MC21
  • 94〜96年式→MC28

と、4世代がある。88年式と89年式は区別される場合が多く、理由としては88年式のほうがパワーがあったためと言われている。ただ、これはあくまでバイクを趣味としている人間の常識であって、一般的には同じ車種として扱って問題はない。なぜなら外見上はほとんどわからないからである。

 余談ではあるが、当時88年式はメーカーの公式発表よりも20馬力以上パワーがあったため、消費者団体から抗議があったらしい。

 MC18にはSTDとSPのグレードがあり、MC21MC28はSTD、SE、SPのグレードがあった。

 外見上から見てわかりやすいのはMC28のプロアーム(ホイール片持ち)だが、実際にはMC21のガルアームのほうが剛性はよい。現在ホンダの最新型スーパースポーツCBR1000RR?もガルアームに似たスイングアームを使用している。

 カラーリングで有名なのはロスマンズカラーとレプソルカラーである。どちらもSP車両。編集者個人としてはMC28のSP車両のHRCカラーが好みである。

同世代、同方向性のバイクとしてはYAMAHAのTZR250シリーズ、FZR400シリーズ、SUZUKIのRG250Γ(ガンマ)、RGV250Γ、GSX-R400シリーズなどが挙げられる。また、同メーカーでNSR250R前後の世代で同方向性のバイクとしてはNS250R、NS400R、VFR400R、RVF400などがあげられる。

リスト::オートバイ

三文字キーワード(英数・記号)