スマートフォン用の表示で見る

NTTドコモ

社会

NTTドコモ

えぬてぃてぃどこも

国内最大手の携帯電話キャリア移動体通信事業者。日本電信電話NTT)の子会社。

東証1部、証券コード9437。

愛称のドコモDoCoMo)は、「Do Communications over the Mobile network」の略であるとされる。

沿革

1959年電電公社が船舶電話サービスを開始したのが始まりで、1968年ポケットベル(現クイックキャスト)、1979年自動車電話、そして1987年携帯電話サービスを開始。

1991年8月14日、エヌ・ティティ・移動通信企画株式会社設立

1992年4月、エヌ・ティ・ティ移動通信網株式会社に商号変更。同年7月、NTTポケットベル部門譲渡を受ける。翌1993年に地域会社に分割、そしてNTT携帯電話部門を統合し、愛称をドコモにした。

1994年にはPHSキャリアNTTパーソナル設立し、翌年サービス開始。しかし1998年に営業譲渡を受ける。(→2005年4月末で新規受付終了)

1999年2月、「iモード」サービスを開始。

2000年3月1日、本店を東京都港区虎ノ門二丁目10番1号から現在の住所に移動

2000年「株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ」(通称商号「株式会社NTTドコモ」)に商号変更した。

2001年10月、W-CDMA方式の第3世代携帯電話サービス「FOMA」を開始。

クイックキャストは2007年にサービス終了。PHSシティフォンも2008年に終了。ムーバも2007年までに販売を終了し2012年を目途に終了。movaからFOMAへの移行を完了。

2008年7月1日に地域会社を統合し、1社体制となった。

長い間「DoCoMo」ロゴだったが、現在は赤で小文字の「docomo」となっている。

2013年10月1日、定款上の商号も、「株式会社NTTドコモ」に変更。