スマートフォン用の表示で見る

ZARD

音楽

ZARD

ざーど

アーティスト、ユニット。

1991年2月10日「Good-bye My Loneliness」でデビュー。

ボーカルは坂井泉水(さかいいずみ)。

2003年から晩年までのA面シングル専属作曲家大野愛果

テレビやマスコミに出ないという活動スタイルを貫きながら、1990年代通算のCDシングル売上枚数で全女性歌手中1位という実績を成し遂げた。

代表作「負けないで」は第66回春の選抜高校野球入場行進曲に選ばれ、教科書にも載った。


1993年6月、ZYYG,REV,ZARD&WANDS featuring 長嶋茂雄として「果てしない夢を」を発売。

1999年8月、ベストアルバム購入者の中から抽選で招待した初の単独ライブをクルーズ船上で行う。


ZARDは厳密にはグループではない。

当初は固定メンバーのグループとしてスタートしたが、間もなく坂井を中心としたプロジェクトに形を変えたと見られている。なお、ほとんど全ての歌詞は彼女の手によるもの。

晩年は前途のように作詞・ボーカル:坂井泉水、作曲:大野愛果というプロジェクト的なユニット状態だという指摘もある。