Hatena::ブログ(Diary)

今日覚えたこと RSSフィード

2016.04.05

Apple Watchのナイロンバンドを買った

http://www.flickr.com/photos/nacookan/26237513905/

Apple Watchは新型が出ないでバンドだけ新しいのが出続けている。今回はナイロンバンドってことで、いろいろ発売されたので、そのうちのひとつを買ってみた。42mm用のスキューバブルー。

他にもいろいろあるよ。

これで3本目

Apple Watchのバンドは3つ目になる。

最初はブラックレザーループとセットのApple Watch本体を買って、その後、ブラックのスポーツバンドを買い足した。どちらも黒。また、レザーループもスポーツバンドも、質感的にはペタっと肌に貼り付く感じがある。

オシャレのことは全然わからないけど、単純に今まで持ってる2本とは違う感じのが欲しいと思って、その中で色がかわいいこのスキューバブルーにした。

感想

質感は、ペタっとしたフィット感じゃなく、普通の感じ。革とか金属じゃないのでわかりやすい高級感はないけど、意外と複雑な色の構成になってる点と、ものすごくしっかりした強度のありそうな素材になっていて、全く悪くない。

未来的な感じが無いところは、すごくいい特徴だと思ってる。もうApple Watchが発売されたから1年になるところなので、高級感、未来感はそろそろ飽きてきて、ちょうどポップ感が欲しくなる時期だったのかも知れない。

バックルは、普通の時計によくある超スタンダードなもので、何の驚きも無い。未来感に飽きてきたとは言え、なにかしら「さすがAppleは違うね」って思えるような素敵なアイディアがあっても良かったんじゃないかなーとは思うけど、ごく普通のバンドだ。

ちなみに金属アレルギーとして気になるバックルの素材は、Apple Watch(SportやEditionじゃないやつの)本体や他のバンドの金属部分と同じ、316Lステンレススチールであると箱に書いてある。自分の場合はこれは大丈夫そうなので、今回も安心ではある。

今後、普段はこのバンドを使おうと思う。

2016.03.27

税込価格を計算するブックマークレット

Web上でなんかの商品の価格を見たとき、税別になってることがある。

https://farm2.staticflickr.com/1623/26046920115_a3cd8f4f8c.jpg

9.7インチiPad Pro Wi-Fi 32GB - シルバー - Apple (日本)

結局いくらなのかわかんないから不便だよね、こういうときに税込価格を簡単に確認できるように、ブックマークレットを作ってみた。

javascript:alert((parseInt(window.getSelection().toString().replace(/[^0-9]/g,''),10)*1.08).toString().replace(/^(-?[0-9]+)(?=\.|$)/,function(s){return s.replace(/([0-9]+?)(?=(?:[0-9]{3})+$)/g,'$1,');}));

これをブックマークに登録しておいて、税別価格を範囲選択した状態でそのブックマークをクリックすると、税込価格が表示される。

https://farm2.staticflickr.com/1681/26021077386_dd70325815.jpg

こんな感じ。

めちゃくちゃ単純なことなんだけど、今までいつも面倒だなーと思ってたので、これで少し便利になるのでうれしい。ChromeSafariのExtensionとして作ればもっといいUIになるかも知れないけど、まあそんなに頻繁に使うわけでもないのでこれくらいでいいかなと思った。

ちなみに数字のカンマ編集は以下のコードを使いました。感謝です。

税率変わったらごめん

単純に1.08倍してるだけなので、将来税率が変わったら修正が必要。

商品によって税率が違うような日が来たら、どうしようもない。税率ごとに別々のブックマークレットに分けるとかしかないかな。

ドルのときもなんとかしたい

似たような状況で、ドルとか海外の通貨で表記されてるときも、だいたい日本円でいくらなのか知りたいんだけど、これは為替レートを取得しなきゃいけないので、面倒そう。。。

2016.03.26

iPhoneをなるべくモバイルSuica化する

自分は仙台に住んでるんだけど、いよいよ本日(2016年3月26日)、市営地下鉄やバスでSuicaが使えるようになる。

これまではicscaという仙台市交通局の独自のやつしか使えなかったんだけど、今日からSuicaに対応するって話。

これで、ついにiPhoneだけ持ってれば大抵のことができるという環境ができる。

具体的に言うと、

こんな感じ。これによって、

っていうのができるようになる。ほぼモバイルSuica

ていうか今までもSuicaさえあれば多くのことはできたんだけど、個人的に毎日2回は使う地下鉄で使えなかったせいで、実質的に使えない感じになっていた。そこが今回解決したというのが大きい。

ICカードをセットできるiPhoneケース

まあいろいろ種類はあると思うけど、今はこれにしてる。

https://farm2.staticflickr.com/1709/25939274712_da377235c4.jpg

カードを1枚収納できるタイプ。しかもベルトが付いていて、指にひっかけるリングと同じような使い方もできる。昨日まではこれにicscaを入れて地下鉄に乗るのに使っていた。今日からはSuicaを入れる。

Amazonの方の商品画像を見るとわかると思うけど、上部に金属の輪っかが付いてて、それは邪魔なので外した。あとAmazonには他の色もある。

FeliCaリーダーライター

iPhoneから操作できるFeliCaリーダーライター。これがないと、いちいちチャージするためにお店や駅に現金を持って行く必要があるけど、これを使えばクレジットカードからFeliCaに自分でチャージできる。

https://farm2.staticflickr.com/1651/26005891516_abf64fd8b4.jpg

BluetoothiPhoneと接続して使う。残高確認などもできる。

まあ薄くて軽くてそれほど邪魔にならないし、電源をずっとONにしていてもバッテリーは1ヶ月くらいもつiPhone側で専用のアプリを起動するだけで、自動的にペアリングして使えるようになるので、まあまあよくできてる。

ただ、チャージしたりするアプリの操作性はあんまりよくない。なので、割と多めにチャージしておいて、あまり頻繁に使わなくてもいいようにした方がいいかも。

VIEW Suicaカード

実はリーダーライターだけあってもダメで、VIEW Suicaカードが必要。これはクレジットカードの機能とSuicaの機能を持っていて、このクレジットカードからしかSuicaにチャージすることはできない(他のクレジットカードからはSuicaにチャージできない)。

VIEW SuicaカードはJALのとかビックカメラのとかいくつか種類があるので好きなのを使えばいい。

これが一番面倒。好きなクレジットカードでチャージさせて欲しいよ。。。

準備としては、Suicaインターネットサービスというのに加入して、いろいろ大変なんだけど手続きをやると、FeliCaリーダーライターでチャージできるようになる。

Suicaが使えないときは

これだけ準備しても、お店でSuicaが使えないこともたまにある。

とりあえずVIEW Suicaカードはクレジットカードの機能もあるので、iPhoneケースからこのカードを出してクレジットで払うこともできる。

さらにクレジットでも払えないときのために、千円札を一緒に入れてる。

https://farm2.staticflickr.com/1538/25427071504_cccd8c9a0c.jpg

そこまで心配するなら、千円札じゃなく一万円札にしたほうがいいかも。

ポイント還元は諦めてる

このやり方では、なんでもiPhoneだけ(Suicaだけ)でやろうとするので、ポイント還元はいろいろ無駄にしてる。

ホントは、店などによってカードを使い分けたり、別途ポイントカードとかを提示することでいろいろお得なんだろうけど、そういうのが面倒だというのがそもそもの出発点なので、もう諦めた。

それでも面倒なのでもっと便利になって欲しい

まずチャージが面倒。FeliCaリーダーライターを買ったのでだいぶいいんだけど、それでもまだ手間だし、そもそも残高を気にしながら生活することもなんかイヤな感じある。心配事は少ない方がいい。

あと、このケースよりもっと良いケースは探せばありそうだと思うってのもある。新たにリーダーライターの充電も(かなり長持ちするとはいえ)気にする必要があるし(Lightningで接続して電力もiPhone側から供給されるタイプならうれしいのに)。

ってことでApple Payに期待したいところではあるけど、買い物はよくても電車は無理な気がする。自動改札を通過する一瞬で、iPhone指紋認証をしたり、タッチしてクレジットカード決済に相当する処理をするのは、時間がかかりすぎて現実的じゃない感じ。

今はまだ決済の問題だけど、このあとポイントカードや会員カードをどうするかという問題もあって、いろいろ大変だと思う。

もっともっと良いやり方があるのかどうか、考えていきたい。

2016.03.25

JXA(JavaScript for Automation)で現在のマウスカーソルの位置を取得する

最近JXA(JavaScript for Automation)が気に入ってる。いろいろと情報もWeb上に出始めて、思いついたことは頑張ればだいたい実現できる感じになってきて、非常に便利で楽しい。

マウスカーソルの位置を取得する方法がわかったのでメモ。どうやらOS Xのバージョンによって使えるやり方が変わってきてるようなので、最新の10.11(El Capitan)で実際に使えたやり方が以下。

ObjC.import('Cocoa');
var pos = $.CGEventGetLocation($.CGEventCreate(null));

var sys = Application("System Events");
sys.includeStandardAdditions = true;
sys.displayDialog(JSON.stringify(pos));

これを実行すると、

{"x":1259.12890625,"y":629.25}

こんな感じの内容がダイアログで表示される。なぜか異様に細かい小数なんだけどまあいいや。

最初の2行で、マウスカーソルの位置を取得している。posに"x"と"y"のキーに持つオブジェクトの形で入る。後半の3行はそれをJSONに変換してダイアログで表示してる部分なので直接は関係ないよ。

2016.03.24

Lightning - USB-Cケーブルを買った、ついでに両面差しケーブルについていろいろ

先日iPhone SEiPad Pro 9.7インチモデルが発表されたあとで、Appleのサイトが更新されたらLightning - USB-Cケーブルが登場していた。

https://www.flickr.com/photos/nacookan/25378969733/

なのでさっそく買った。売っていた中で最も短い1mのにした。本当はもっと短いほうがいいんだけど。

USB-Cを搭載したMacBook

普段、持ち歩き用としてMacBook(Retina, 12インチ, Early 2015)を使っている。

このモデルにはUSB-Cが1つだけあって、普通のUSB端子などは無い。充電からiPhoneなどの接続まで全部このUSB-C端子でやる。今までは、iPhoneをつなぐときはUSB-C Digital AV Multiportアダプタと普通のLightningケーブルを使っていたけど、このケーブルがあれば、1本でつなぐだけなので非常にシンプルになった。

https://www.flickr.com/photos/nacookan/26008002635/

しかも、USB-CもLightningも、裏表どっちでも差せるのがいい。MacBook側もiPhone側も、なにも気にせず一発で接続できるわけだ。こういうのは地味に効いてくるよね。

この12インチMacBook、今度別な機会に書こうと思ってるけど、すごくいいよ。なんかUSB-Cしかないのが弱点みたいに言われることも多いし、実際そのせいで今回のケーブルを買う必要性もあったわけだけど、それでもこれは弱点ではないと思ってる。重要な特徴って感じ。これのおかげで薄さと軽さを実現してるんだろうし、特に何も接続しない多くの場面では非常にシンプルを保てる。また、USB-A - USB-Cケーブルさえあれば、その辺のUSB充電器を使うことで、充電はできないけど給電はできるので、バッテリーを減らさずに作業できちゃう。そもそもバッテリーiPadとかと同じくらい長持ちするので、バッテリーが心配になることはあんまりないし。

まあそんな感じで、このUSB-CしかないMacBookは実に気に入っているので、それをさらに手軽に使えちゃうこのケーブルはとても嬉しかった。ただ1mは長いな。。。

そのほかの両面差し

さて、裏表を気にせず接続できるのはすごく良いので、他のケーブルもそういうのがいい。そこで、本来は裏表があるけど、それを工夫によって裏表の関係なく接続できるようにしたケーブルを買ってみた。

ちなみに、画像のリンク先はFlickrなので、もっともっと拡大して端子の様子を確認できるよ。

microUSBケーブル

https://www.flickr.com/photos/nacookan/26008065325/

これは普通のUSB(USB-A)とmicroUSBのケーブルだけど、どちら側も両面差しに対応している。Android端末やデジカメBluetooth機器など、microUSBを使う機会も多いのでいいね。

https://www.flickr.com/photos/nacookan/25375396144/

もちろん、先端にApple純正のLightning - Micro USBアダプタをつければ(裏表を気にせずつけれる!)、両面差しのLightningケーブルにもなる。

Lightningケーブル

しかしまあ、せっかくシンプルにしたいのにアダプタをつけるのはイマイチだということで、

https://www.flickr.com/photos/nacookan/25375433484/

USB-AのLightningケーブルも買ってみた。どちらも両面差し。

USB-Aの両面差しの難点

実際使った感想としては、USB-Aの両面差しだけ、ちょっと厳しい印象はある。

USB-Aの差し込み口の中で出っ張ってるところ(プラスチックの板に電極が付いてるやつ)の位置を意識して、少しナナメから入れるのがコツって感じなんだけど、裏表を気にしないっていう主旨から考えると、どっち側のナナメ方向から入れるのが正解なのかを気にしなきゃいけないので、それじゃ両面差しの意味が無いように思える。もし不正解の方のナナメ方向から入れようとすると、プラグ側の真ん中の板と差し込み口の出っ張りがぶつかってうまく入らない(もちろん差し込み口によって差はある。なんの問題も無いこともある)。

まあそれでも、その場合に端子を裏返す必要は無く、ちょっとプラグを傾けるだけで入るので、普通のUSBよりはだいぶいいんだけど、若干惜しい。もともとそういう設計じゃなかったのに無理矢理やってるわけだから、仕方ないとは思う。

それに比べてmicroUSBの両面差しは非常にうまくできていて、最初からこういう設計だったと言われても不思議じゃ無いようにさえ思える。これはもっと広まっていいんじゃないかなー。