Hatena::ブログ(Diary)

今日覚えたこと RSSフィード

2016.08.21

MacBook用のケースを買った

こんなの。

MacBookを持ち歩く際に入れておくケース。簡単に出し入れできるレザーのが欲しいと思って探していたら、この国立商店のケースが評判が良かったっぽいので買ってみた。

https://farm9.staticflickr.com/8322/28490984043_c2cdafde17.jpg

これはMacBook(12インチのやつ)専用に作られてるので、ほんとピッタリ。しかもレザーの感じも良いし、内側は厚めのフェルトでしっかり守られている。満足度高い。

ちなみに、もちろんMacBook Air用とかもあるので自分にあったやつを選べるよ。

キズが気になっちゃう

そもそもなぜMacBookをケースに入れるかと言うと、カバンにMacBookを出し入れする際に、カバンのファスナーとかの金具に当たったりとか、あとはカバンの中の他の荷物に当たったりとかで、MacBookにキズが付いたり壊れたりするのを防ぐため。

なんだけど、このケースがレザーだから、今度はこのケースのキズが気になっちゃう。レザーは、ひっかき傷や、硬い物を押しつけるとあとが付きやすいわけで、実際このケースを買って2ヶ月くらいたつけど、いろいろとダメージを受けている。冒頭の写真を見ても少しわかると思う。

まあそれがレザーの味になるし、仕事してる証だってことになるのかな。。。

確かに、無数にキズが付けば気にならなくなってくるだろうし、クリーム塗ったり布で磨いたりすればキズもなじんできて見えにくくなるので、大切に長く使っていればいいか。

しかしこのMacBookをそこまで長く使うかどうかわかんない。普通に考えると2〜3年だろうし、買い換えるときに同じサイズのMacBookがまだあればいいんだけど。

まあ1年とか2年とか使ったタイミングで、もしそのとき覚えてたら、レザーの経年変化についての報告とかはできるかも。

2016.08.20

夏にヘッドホンしたときに爽やかになるヘッドホンカバーmimimamoを買った

前から気になってたのを、ついに夏になったので買ってみた。

https://farm9.staticflickr.com/8372/28984710242_14162acae0.jpg

夏にヘッドホンしてると、汗ばんだりしてイヤになってくる。その解決策がこのmimimamoってことらしい。吸湿性があって、音質にできるだけ影響与えないようにしつつ、爽やかさを維持するためのヘッドホンカバー。

LとMの2種類のサイズと、たくさんの色の中から選べる。

サイズについては公式サイトに対応表があるので、自分のヘッドホンに合うサイズを調べればいい。

自分が使ってるヘッドホンはMDR-CD900STMDR-1ABTMDR-100ABNなので、どれもLだった。

色については、ググって他の人の感想などを見ると、ヘッドホンの本来の色と同じ色じゃない色をあえて選んで、ファッション的に使うこともあるらしい。そこまでオシャレじゃないので興味ないけど、まあそういうものらしい。

ってことで今回はLの黒を買った。

つけてみた

とりあえず普段一番よく使ってるMDR-1ABTにつけてみた。

https://farm9.staticflickr.com/8252/28984717082_8431757b3f.jpg

わかりやすいように片方だけ。左側が付ける前の本来のイヤーパッド。右側がmimimamoを付けた状態。

取り付けは簡単。そしてヘッドホンを装着してみると、たしかにサラっとしてる。今まで空洞だった部分にも布があるので、カバーをつけました感はある。

音を聴いてみたけど、特に違いはわからなかった。こもった雰囲気とかになるか心配だったけど、そういうのは感じられない。

数時間ずっとつけてみて、確かにベタっとはしない。効果はありそう。とはいえ、当たり前だけど、汗をかかないわけではなく、汗をかいても吸収してくれるということなので、mimimamo自体は少ししめった感じになった。でもヘッドホンを外せば速乾性もあるらしいのですぐ乾いた。あとは洗濯もできるそうだし、最終的にはこれだけ買い換えてもいい。

そんなわけで、つけない状態よりはかなり改善されたと思う。

コツとしては、オーバーイヤー型(ドーナッツ状のふかふかの輪の中に耳が収まるタイプ)は、あんまりピッタリと張ってしまうと、ヘッドホンを装着したときに耳がイヤーパッドの空洞に収まれずに浮いた感じになるので、ゆるめにするのがいいと思う。

ボタンの位置には注意

公式サイトのヘッドホン対応表のところにも書いてあったけど、例えばMDR-100ABNは、イヤーパッドのギリギリのところにボタンが配置されてるので、mimimamoをつけるとボタンが隠れてしまうとのこと。

隠れても操作はできるし、別にいいけど、気になる人はいるかも。

。。。とは言え、実際にMDR-100ABNに付けてみると、ボタンが隠れないように付けることもできた。

https://farm8.staticflickr.com/7684/28471758123_873b18bce3.jpg

これで普通に使うことができた。ただ、ちょっと外れやすいのかも知れないので、どこかに引っかけたりしないように気をつける必要あるかも。

よかった

夏にヘッドホンが暑苦しいのは長年困ってたけど、これである程度よくなった。

場合によっては、冬も部屋を暖かくしてるとヘッドホンが暑い問題はあった気がするので、もしかしたら冬にも効果あるのかな。

まあカバーにしてはちょっと値段が高いような気はするけどね。

2016.08.19

ノイズキャンセリングBluetoothヘッドホンMDR-100ABNを買った

ノイズキャンセリング買ってみた。

https://farm9.staticflickr.com/8509/28781430970_07b2ac2837.jpg

新幹線とか飛行機に乗ってるとき、iPadアニメやドラマを見たいんだけど、ゴーって言う音がすごくて、渋い男性の声とかがよく聞こえない問題がある。なので以前からノイズキャンセリングは気になってたんだけど、試してみると、どうしても耳がキーンとしてつらいので、買うまでには至らなかった。ところが最近になって、キーンとしない機種も出てきたので、買おうかなと思った。

だいたい条件としては、

まあそんな感じで探しみて、BoseのQC35と、SONYのMDR-100ABNで悩んだ。それで最終的には、装着したときの感じはMDR-100ABNの方がよかったのと、単純にBoseよりSONYの方が好きかなってことで、こちらに決めた。でもまあほとんど差はない気がする。

感想

早速、新幹線に乗って使ってみた。

  • ゴーっていう音はかなり消える。iPadアニメを見てて、セリフ等が完全に聞き取れる。素晴らしい。
  • 一方で、周囲の人の話し声はそこそこ聞こえる。これはデメリットというより、それくらいがむしろちょうどいい気がした。
  • 2時間くらいつけてた中では、耳の疲れとか、頭がつらい感じはなかった。
  • 折りたたむことができるけど、その折れる部分に指を挟むと超痛い。これは注意が必要。
  • SBCAAC、aptX、LDACにひと通り対応してる。まあノイズキャンセリングしたい場面は、細かい音質の差を気にするような状況ではないので、どうでもいいような気もする。今回はiPadとペアリングしていたのでたぶんAACだったと思うけど、レイテンシーは多少あってもアニメ見てる程度では気にならない感じ。音ゲーは無理だろうね。有線接続でもノイズキャンセルができるので、音ゲーはそれでやればいい。

という感じ。十分に目的が果たせるくらいの性能はあるし、使っててつらい感じはしない。満足度は高い。

あとは新幹線よりもさらに飛行機は本当に騒音で困っていた。声が低そうな男性が重要な役で出てこない作品を選んで見るなどして回避していた。次に飛行機に乗る機会がいつになるかわかんないけど、そのときは忘れずにこれを持って行って使いたい。

関連

思い返せばSONYBluetoothオーディオいろいろ買ってるのでメモ。

2016.08.18

Bluetooth片耳ヘッドセットBSHSBE34を買った

https://farm9.staticflickr.com/8068/28429256973_787169695d.jpg

Bluetoothの片耳のやつ。

それまで使ってたBSHSBE23

以前、同じバッファローのBSHSBE23というのを買った話を書いた。

コンパクトなところは良かったんだけど、操作性が最悪すぎて、我慢しながら使っていた。

そして、だんだんこれの調子が悪くなってきた。まずバッテリーの持ちが悪くなって、電力が安定しなくなったためか、Bluetooth電波が途切れやすくなったり、ペアリングが急に解除されちゃったりするようになった。

ってことで代わりのを買うことにした。

今回買ったのはBSHSBE34

いろいろ比較して、結局買ったのは同じバッファローのBSHSBE34。

多機能や高音質を求めてるとかではないので、比較と言っても、形とか重さとかで候補を絞り込んでいった感じ。黒で、耳にかけるフックがあって、左右どっちにも装着できて、大きくない、重くないとか。

操作性が最悪だったのに、同じメーカーのに決めちゃって大丈夫かっていう心配はあったんだけど、Webで調べる限りでは改善されてるっぽかったので、信じてみた。

感想

簡単に言うと、サイズがそこまで超小型じゃないという点はあるけど、それ以外はすごく良い。本当にいろいろな問題が改善されてる。

電源ON/OFFが長押しじゃない

個人的にこれは最高に良いと思う点。電源が、ボタンの長押しじゃなく、スライドするスイッチで切り替える。

https://farm9.staticflickr.com/8369/29014297066_145acbb217.jpg

長押しってめんどいのよホント。これはホントにいいわ。

ペアリング開始と電源ボタンが別になった

これも非常に良い点。Bluetoothでボタン長押しで電源をON/OFFするタイプのやつって、長押ししてONにして、そのままさらに長押しするとペアリングモードになるのが多いと思う。あれが非常にいやだった。しかしこの製品は、電源がスライドスイッチになったこともあり、ペアリングは別なボタンになった。電源とは別なボタンを長押しするとペアリングモードになる。

電源とペアリングが同じボタンの場合、機器を切り替えるためには、まず長押しして電源を切って、もう一度長押しして電源が入って、そのまま長押しを続けてペアリングモードにする、っていう手順が必要。これが最高に面倒。

それが、電源は入ったままで、ボタンを長押しするだけでよくなった。とっても楽ちん。

ちなみに、電源OFFの状態からいきなりペアリングモードで起動するには、ボタンを押しながら電源をONにして、そのままボタンを押し続ければできた。

音量を変えたときにウザくない

以前使っていたBSHSBE23は、音量を上げたり下げたりするたびに「ボリュームアップ」「ボリュームダウン」って言う声が聞こえる仕様だった。

これが笑っちゃうくらいウザかった。3回押すと「ボリュームアップ、ボリュームアップ、ボリュームアップ」だもん。ないわー。

しかしこれがBSHSBE34では改善されていて、「ピッ」ってなるだけになった。これでいいよ。

ボタン操作がいろいろ良くなった

まず、再生/停止と、次の曲、前の曲への移動ができるようになった。BSHSBE23ではできなかったのでつらかった。

またBSHSBE23では、ボリュームアップとダウンを同時押しするとリダイヤルするという、かなり危険な仕様だった。ボリュームのアップとダウンは本体の両側面にあって、間違って押しやすい。信じられないほどひどい仕様だと思ったけど、今回のBSHSBE34では、リダイヤルは間違って押すことは無さそうな2つのボタンの同時押しになってるので、かなり安全。まあそもそもリダイヤルの機能なんて無くていいんだけどね。

充電用のマイクロUSBのフタがなくなった

https://farm9.staticflickr.com/8014/28942118622_7431b8b2cf.jpg

BSHSBE23のフタは邪魔だからちぎり取ってたけど、BSHSBE34はフタがなくなった。これもとても良いと思う。

その他
  • カナル型ではないので、フックは必須。耳の穴に入れないので長時間つけていても疲れなくて良いと思う。
  • ノイズキャンセル搭載とのことだけど、これは電話の相手にこちらの声だけを届ける(周囲の音を消して送る)というもので、こちらの耳に聞こえる音に影響するものではない。ややこしい。
  • 電波の安定性が良くなった。サイズがそこまで小型じゃないからなのかな。

良かった

まあもともと調子が悪くなったので買い換えるという、割と消極的な理由ではあったけど、買い換えて良かったと思ってる。

なんといっても電源スイッチ。これが長押しじゃなくなったのがとても良い。それだけでも価値があるんじゃないかな。

2016.08.17

LAMY2000の4色ボールペンを買って、ジェットストリーム化してみた

みんなやってるやつを自分もやってみた。

ジェットストリームが好きなので、いいやつが欲しくなる

まず、ボールペンはジェットストリームを使ってる。ジェットストリーム以外はあんまり使いたくないくらい気に入ってる。

https://farm9.staticflickr.com/8556/28992030856_9f1ca82a1e.jpg

こういうやつ。100円ショップとかコンビニでも普通に買える。素晴らしい。もちろんAmazonでも買える

もともと開発者インタビューかなんかを読んで、そんなに言うなら使ってみようかなと思って使ってみたらすごく良くて、それ以来ジェットストリームだけを使う感じになっちゃった。

そして、ボールペンなんてなんでもいいやと思ってた頃は気にしてなかったけど、こうして好きなペンが見つかると、いいやつが欲しくなる。

スタイルフィット

しばらく使っていたのはスタイルフィット。ホルダーを選んで、中に好きなペン(リフィル)を入れることができるやつ。

https://farm9.staticflickr.com/8702/29024663415_6fa893f4fd.jpg

ホルダーはこの「スタイルフィット マイスター」を使っていた。3種類のペンを回転で切り替えるタイプ。

ジェットストリームの黒と赤、そしてシャープペンのリフィルを入れて、たぶん5年くらい使った。

もっといいのが欲しい

このスタイルフィット マイスターも十分いいんだけど、もっといいのが欲しくなった。

そこで調べてみると、「ジェットストリーム プライム」というのがあるらしい。高級路線の、大人用のジェットストリームって感じ。

ところが、お店で実際に見てみると、かなり残念な感じだった。おもちゃの宝石みたいなのが付いてる。なんだこれ。

ウソだろ?と思ってググってみると、みんなこの謎のプラスチックの宝石に文句を言ってる。高級路線だから宝石って発想なのかも知れないけど、このおもちゃは無いわと。

LAMY2000

そこでジェットストリーム プライムはあきらめて、スタイルフィットの路線で探してみた。つまり、いいホルダーを買って、そこにジェットストリームリフィルを入れて使う。

すると、あっという間に見つけた。

LAMY2000。有名なペンのメーカーLAMYの製品で、1966年に開発されて以来ずっと人気のロングセラー製品とのこと。2000年になっても色あせないデザインを目指してこの名前が付いたみたいだけど、2016年の今もまだ人気は続いてる。

4色ボールペンなんだけど、その切り替え方がまたちょっと不思議で、ペン自体の向きを変えてノックすると、ペンのどの部分を上に向けてノックしたかによって色が切り替わる。そういう変わった仕組みになってる。

で、このLAMY2000のリフィルが、ジェットストリーム プライム用のリフィルと同じ規格らしい。なので、LAMY2000を買って、標準のリフィルを抜いてホルダーだけにして、そこにジェットストリーム プライムのリフィルをセットしちゃえば、ジェットストリームのいいやつが完成する。

そんなことを書いてるブログ等が山ほど見つかった。AmazonでLAMY2000のページを見ても、この商品と一緒にジェットストリーム プライムのリフィルが購入されてるって出てるし、みんなやってるんだと思う。

というか、この話を書いてるブログの多くは、「ジェットストリームが好き→いいやつが欲しい→ジェットストリーム プライムは宝石がイヤだ→LAMY2000にリフィルが入るらしい→やってみた」っていうストーリーになっていて、みんな同じこと考えるんだなーというのがよくわかる。

ちなみにLAMYは、LAMY2000じゃなくSafariっていうシャープペンがけいおん!で出てきてちょっと話題になったことがあったりした。

やってみた

ってことで、LAMY2000を買って、さらにジェットストリーム プライムのリフィルを買って、やってみた。

LAMY2000は、黒・赤・青・緑の4色なんだけど、ジェットストリーム プライムのリフィルは黒・赤・青しかない。

そこで今回は、0.5mmの黒・赤・青、そして緑の代わりに0.7mmの黒を入れてみた。ときどき太い字を書きたいことがあるので、これは結構いいアイディアかなと我ながら思う。

https://farm9.staticflickr.com/8307/29024815355_f1fe2b5869.jpg

まあ実際やってみるとなんてことはない。見た目はLAMY2000だ。

しかし書き味は確かにジェットストリームなので素晴らしい。もちろん、ジェットストリームに交換しなくても、素のLAMY2000の書き味も試した感じは悪くは無かったけど、もう何年もジェットストリーム使って慣れちゃったのでそこは仕方ない。

そして持った感じはさすがLAMYって感じで、非常に持ちやすい。100円の標準的なジェットストリームや、スタイルフィット マイスターよりも明らかにいい感じになった。

もう2ヶ月くらい使い続けてるけど、本当にいい。

ついでにLAMY2000のシャープペンも買った

スタイルフィットを使っていた頃は、黒・赤・シャープペンにしていたけど、ジェットストリーム プライムのリフィルにはシャープペンが無い(仮にあってもノックの仕組み上LAMY2000に入れて使うのは無理かな?)ので、別にLAMY2000のシャープペンも単品で買った。

https://farm9.staticflickr.com/8435/28919894192_a487b7bfaf.jpg

さっきのとそっくりだけど、これはシャープペン。改造などせずこのまま使う。持った感じもボールペンと同じで、とても持ちやすく書きやすい。ただシャープペンの芯が、LAMY純正のじゃないと抜け落ちるらしいので、芯もわざわざ買った。あわせ買い対象になってるので、一緒に買っといた方がいいよ。

ペン型の消しゴムとペンケース

これら2本のペンと、ペンみたいな形の消しゴムとあわせて3本を、Romeoのペン3本用のペンケースに入れて使ってる。

https://farm9.staticflickr.com/8113/28992311416_d6ef760610.jpg

ちょっとオシャレすぎる感じはあるけど、ちゃんと機能的になってる。薄いのでカバンに邪魔にならずに入るし、ペンケースにはファスナーなどもなく、出し入れが手軽(ちょうどピッタリ入ってるので勝手にペンが出てくることもない)。収納位置がハッキリしてるので探さずに取り出せる。

Romeoってのは銀座にある伊東屋っていうビルが丸ごと文房具屋さんになってるところのオリジナルブランドらしい。伊東屋は割と最近初めて行ったんだけど結構好きでもう3回くらい行ってる。このペンケースもまさに伊東屋(K.Itoya)で実物を見て、店頭にあったLAMY2000を試しに入れさせてもらって、確かめてから買った。