きしだのはてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-12-04(日) 四月八日のまえがきに:Advent Calendar4日目

四月八日のまえがきに:気に入ったマンガAdvent Calendar(全部おれ)第4日目 12:16  四月八日のまえがきに:気に入ったマンガAdvent Calendar(全部おれ)第4日目を含むブックマーク

この記事は「気に入ったマンガAdvent Calendar(全部おれ)」の第4日目です。

今日のマンガは、四月八日のまえがきに。1巻完結です。


パンをくわえて「ひゃ〜ちこくちこくー」と叫びながら走る女子高生が曲がり角で男の子にぶつかって恋の物語がはじまるはずが、クツ紐を踏んでこけたせいでぶつからずに男の子は歩いて行ってしまい、運命の歯車が狂っていろいろな不具合が起こりそれを解決していく、という話です。


全体的にゆるやかで、なんの不安も不満もなくコンパクトに物語が進むけど、起承転結がしっかりしていて、日曜午後のちょっと空いた時間なんかに読むのにぴったりだと思います。


あと、玲奈ちゃんかわいい。物語全体の雰囲気を決めてますね。

四月八日のまえがきに (ビッグコミックス)

四月八日のまえがきに (ビッグコミックス)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nowokay/20161204

2016-12-03(土) 櫻井大エネルギー:Advent Calendar第3日目

櫻井大エネルギー:気に入ったマンガAdvent Calendar(全部おれ)第3日目 12:16  櫻井大エネルギー:気に入ったマンガAdvent Calendar(全部おれ)第3日目を含むブックマーク

この記事は「気に入ったマンガAdvent Calendar(全部おれ)」の第3日目です。

今日のマンガは、櫻井大エネルギーです。


どっかで見た、レトルトカレーが恋人のマンガがインパクトあって、探してたやつ。この話題が共有できる人が増えればと思って紹介。頭がおかしい系マンガの短編集です。

元はエロマンガ雑誌に載ってたので、ベッドシーンとかもあります。レトルトカレー相手だけど。


あと、普段はゴツいけど怒ると美少女になる松下くんを怒らせるマンガも好きです。

レトルトカレーのマンガは、無料お試し版のほうにも載ってます。


櫻井超エネルギーのニャホホ星人かわいい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nowokay/20161203

2016-12-02(金) AKB49〜恋愛禁止条例〜:Advent Calendar2日目

AKB49〜恋愛禁止条例〜:気に入ったマンガAdvent Calendar(全部おれ)第2日目 12:16  AKB49〜恋愛禁止条例〜:気に入ったマンガAdvent Calendar(全部おれ)第2日目を含むブックマーク

この記事は「気に入ったマンガAdvent Calendar(全部おれ)」の第2日目です。

今日のマンガは、AKB49〜恋愛禁止条例〜全29巻です。


AKBに女装した男の子が入ったというお話。

週刊少年マガジン連載時に、ただのタイアップマンガなんだろうなと思いながら読み飛ばしていて、ふと気まぐれに読んでみたら、少年マンガらしい熱血バトル努力根性友情ものでハマってしまった。

ただのタイアップマンガではなかった。

女装であることがバレてないところからして都合がよすぎる気がするけど、そういう細かいことはどうでもいいと思ってしまえる勢いがよいです。


連載時は実際のアイドルグループでの出来事も反映されるリアルタイム感があって面白かったというか、こんな発表あったけどどうすんのみたいなハラハラ感があって楽しめたのだけど、当時のメンバーの多くが卒業していて、今だと逆に現実とは切り離された架空のグループの物語として楽しめます。

あとアリスかわいい。


Kindle版の1巻が0円ですな。

まとめ買いはこちら

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nowokay/20161202

2016-12-01(木) アライブ最終進化的少年:Advent Calendar1日目

アライブ最終進化的少年:気に入ったマンガAdvent Calendar(全部おれ)第1日目 12:16  アライブ最終進化的少年:気に入ったマンガAdvent Calendar(全部おれ)第1日目を含むブックマーク

この記事は「気に入ったマンガAdvent Calendar(全部おれ)」の第1日目です。

今日のマンガは、アライブ 最終進化的少年全21巻です。


きしだが気に入ってるマンガを紹介するAdvent Calendarです。完結しているマンガをとりあげる予定です。あらすじなどはあまり書かないので、Amazonの紹介などを参考にしてください。


ということで初日は、JavaOneで初の英語プレゼンでプレッシャー感じまくってるときに現実逃避のために読み始めてKindleでマンガ三昧するキッカケになった「アライブ 最終進化的少年」です。

内容としては、高校生が不思議な能力を手にいれて、さらわれた同級生の女の子を助けにいく途中に現れる能力者と戦っていくマンガです。


全21巻でテーマがタイトルどおり「生きることとは、命とは」みたいな感じで内容も壮大になっていくのですが、うまくまとまっています。連載で全部読んでいたのですが、読み返しはじめると「うわー、こういう展開になるのかー」と一気に読み終えれてしまい、JavaOneの資料準備がなかなか進まない一因になっていたりしました。

戦っていく中で登場人物たちが命の価値とはと考えていくのだけど、後半はおそらく、原作者自身が「生きることとは、命とは」と考える状況にあった中で、セリフに重みが増してきているように思います。最終進化的少年っていうサブタイトルも、最終巻あたりで実感がわいてきます。

完結させてくれた原作者の河島正さんに感謝です。もう新しい作品は読めないというのは残念だけど。



あと、ナミかわいい。蹴られたい。ナミさんの活躍が読めるのはアライブだけ!

まとめ買いはこちら

2016-11-27(日) 英語教育に「ネイティブは」って突っ込むのユースケースずれてるかも

英語教育に「ネイティブは〜」って突っ込むの、ユースケースずれてるかも 01:44  英語教育に「ネイティブは〜」って突っ込むの、ユースケースずれてるかもを含むブックマーク

たまに、「教科書ではこう教えてるけどネイティブには違和感がある!」みたいなのあるのですけど、そんなにネイティブにこだわらなくていいんじゃないかなーと思った次第。

こういう場合のネイティブは、アメリカ英語ネイティブのことか、せいぜいイギリス英語ネイティブで、インド英語ネイティブやオーストラリア英語ネイティブなどは含まれてないと思うのですよね。


日本人が英語を使うときの相手は、英語ネイティブではないことのほうが多いように思います。

今後も、英語ネイティブではない人と英語でコミュニケーションする機会のほうが増えるようにも思います。

そうすると、英語教育について、「ネイティブは〜」というのは優先事項じゃない気がします。

実用的には、あまり「ネイティブ」にこだわる必要はないかなと。


そもそも、アメリカ英語ネイティブやイギリス英語ネイティブの話す英語は、世界で一番通じない英語という話があるので、そういう英語が通じないのは単純に英語教育の問題ってわけでもないと思います。

ネイティブの英語はなぜ世界でいちばん通じないのか | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

実際、海外のプレゼン動画を見ていても、アメリカ人の英語が一番わかりづらい。


とはいえ、個人的にアメリカ英語ネイティブじゃない人ともまだぜんぜん英語でコミュニケーションできてないので、もすこし勉強しないといけないし、アメリカ英語ネイティブの人とコミュニケーションする必要もあるので、それもできるようになりたいのだけど。

このCDの英語が「ネイティブ」なら、練習になるかな。買って試してみよう。