ささやかな抵抗(はてなブログへ移行中)

◆◆◆ 新ブログはこちら◆◆◆
こちらのブログは,主にtwitterログなどのメモとして利用する予定です.

2014-04-05

今日のtwitter

抜粋

続きを読む

2014-04-04

今日のtwitter

抜粋

  • 「ふぁぼ(お気に入り)」とは別に「もてなし(モテなそう)」ボタンが欲しい.その発言モテなそうってみんなが評価してくれるの.そしてもてなしを集めたい. posted at 14:23:30
  • 水商売の女には人を見る目があるって風潮どうにかならんか」って言葉を見て思ったんだけど,誰でも,自分が見てる集団の中での差異には敏感になっていくのではないかな.もっと言うと,自分の見てる範囲が全てだと思いこんでしまう人が,人を見る目があると自称する. posted at 15:34:43
  • チャラくないのを狙い過ぎると,それもまたちょっとチャラくなっちゃうんですよ.「昔ながらの日本の男」を目指すとそれにファンが付いちゃうみたいな事が起きるので.「格好(ポーズ)を気にしない」ということがポーズになっちゃうんです.いや,なってもいいんだけど. posted at 18:42:42
  • 私はそこそこ周りの人と楽しく話をしているという自意識があるんだけど,他の人は私の何倍も「分かりあえて」いるのだろうか?と思う事がある.他の人は8割ぐらいお互いの言ってる事が理解できている環境にあって,私だけ2割ぐらい理解できれば満足という世界で生きてるのではないかみたいな. posted at 19:42:04

続きを読む

2014-04-03

今日のtwitter

抜粋

  • ネットの情報が書籍に比べて質が低いのは事実だと思うんでそれはいいんだけど,「だから書籍を読もう」って言われると,それで「自分で質を判断する」能力は付くのか?みたいなことを思う. posted at 12:15:30
  • 「単語には反対語の数だけ意味がある」って仮説を立てて結構面白いと思ったんだけど,ちょっと考えてそれ以上あるなと思った. posted at 12:18:47
  • 「外に出る時は所属組織の名を背負っていると自覚しろ」ということと「発言は個人の物であり所属団体の意思とは関係ありません」の関係について考察したい.これは両立するのか? posted at 16:05:09
  • 私が発言する事は一人の日本人の意見として捉えられると思うし,それは私がどう断ろうと変わる訳ではないと思う.同様の問題として考えているのは「この作品はフィクションであり…」といくら言ったって,どう見ても組織の体制とかを批判してたらそれは反論を受ける事は有るんじゃないかという事. posted at 16:08:21
  • 高校生なら「制服を着ている間はその高校の生徒」みたいな事を言えると思うけど,それはそうでなければ他の人から見て分からないからだと思う.つまりネットで発言する場合は,自分の所属が明らかになっているなら,いつだって(勤務時以外でも)その制服を着ているのと同じようなものだと思う. posted at 16:13:50
  • なので大体の場合において「発言は個人の意見であり所属団体の意思とは関係ありません」という注釈は無効だと思う. posted at 16:15:24
  • …と思うのだけど,あまりにそういう事を書いてる人が多いので,別の観点もあるんじゃないかなーと思ってるので,思う所がある人がいたら教えてください. posted at 16:21:40
  • 頭のいい人は,馬鹿に馬鹿にされていると思う.馬鹿は頭のいい人に馬鹿にされている事は多分知ってるけど,頭のいい人は馬鹿に馬鹿にされてることは知らない(まあ仮説が本当だとした場合の話だけど)事が多いのではないかと感じる. posted at 16:40:58
  • 悪口を他人に言わせるのは(他人が言った悪口を引っ張ってきて自分の代わりにぶつけるのは)私のセンスからするとかなり恥ずかしい事なので,やらないように自分を戒めている.もちろん悪口以外でもそうなんだけど,少なくとも悪口ぐらいは自分の言葉で言うようにしたい. posted at 18:16:53
  • 「昔の自分みたいな後輩が入学してくる」ということは,よく考えると物凄い勉強になる事な気がする.自分の過去の姿を見て「あんなだったんだ…」って分かるの. posted at 23:24:34

続きを読む

2014-04-02

今日のtwitter

抜粋

  • 良く起こる事。 約20歳女性「私オッサンなんですよ〜」 29歳ぼく「( ◜◡◝ )」 posted at 10:35:06
  • 同じメロディーでも,楽器によって雰囲気というか,意味が違うというのは漠然と思っていたのだが,例えば,音が跳躍する事の重大さは,単に難しさの問題から,歌ではかなり大きいと言えるのではないか. posted at 16:08:40
  • 自分の仕事を達成するために、上司が欲しいと思っている人と部下が欲しいと思っている人はどれぐらいずつなのだろう。あるいは同じ人の中で、どれぐらいずつなのだろう。構想はあるけど手が足りなくてできないこととか、あるいは手を動かすのは好きだけど大まかな方針に自信がないとか。 posted at 22:52:50
  • 「社会に出ると努力しただけではダメで結果を出さないとダメなんだよ」って言う人たくさん見たけど、その人は学生の頃は勉強して成績という結果が出てたから大丈夫だったんだと思うので、法則が変化したわけではないと思う。課題が難しくなったんだと思う。勉強できない人は前からそう言ってたのでは。 posted at 23:07:53
  • どうも、後輩達が新入生がキラキラしてるよって言い始めると出没する妖怪です。 posted at 23:26:17
  • でもそうだな、大学1,2,3,4年生って、それなりに違うかも。もっと上から見たら大差ないという事もないかも。「年離れると大して差が分からん」のは事実として、それは差がないからではなく、その差を感じる能力が弱るだけかも。 posted at 23:36:19
  • だって新入生から見て私とその間の結構下の先輩の差とか、よく分かんないでしょ?って言おうとしたけど、これ墓穴掘ってる気がするワン(突然の犬)。 posted at 23:39:32

続きを読む

2014-04-01

今日のtwitter

抜粋

  • 演奏におけるミスとはそもそもなんであろうか。ピアノ弾きにとって、押す鍵盤を間違える事が一番大きい気がするが、それはそれが明確な基準だからだろう。しかし音楽として重要という意味では、タイミングがおかしい事も、音量がおかしい事も、十分「ミス」足りえるはずだ。 posted at 00:16:52
  • 「見栄えとしてみんなからそればかり重要視される」ということは同時に「見栄えだからという理由で軽視される(ことがある)」ことを意味する。 posted at 00:24:24
  • 比喩としての「見栄え」が、「優劣の基準のはっきりしたもの」という仮説は、なかなか行けてる気がしてきたんだけど、原義の「見栄え」である「見た目」が、優劣のはっきりしたものであるというのは果たして自明だろうか。そしてだとなるとなぜ見た目は優劣がはっきりしているのだろうか。 posted at 01:42:50
  • 「発想法」という概念に最近興味を持っている.物凄い唐突な発想を出せる人と言うのは,ある種の発想法を使っているのだという推測. posted at 17:28:04

続きを読む