Hatena::ブログ(Diary)

無事の記

2016-06-01

最近仕事(『もののけ姫』論承前


 「すばる」での短期集中連載、今回で最後になります。

 4回を通して、何かが一つ突き抜けた気がします。

 ちなみに宮崎駿論の続編プランとしては、『風立ちぬ』論は別誌に掲載待ち、『千と千尋の神隠し』論は準備中です。

 よろしくどうぞ。


 ◆「宮崎駿の「折り返し点」(4)――『もののけ姫』論本陣(承前)」(60枚、「すばる」2016年7月号)


すばる 2016年7月号[雑誌]

すばる 2016年7月号[雑誌]


2016-05-01

最近仕事(『もののけ姫』論)


 短期集中掲載の3回目。以前、全3回と予告しましたが、序論→『耳をすませば』論→『もののけ姫』論と来て、最後の『もののけ姫』論が120枚近くになったため、全4回となりました。今回は新しい一歩を踏み出し、文体や書き方がギアチェンジしています。書き継ぐうちに自ずとこんな書き方になりました。よろしくどうぞ。次回で最後です。


 ◆「宮崎駿の「折り返し点」(3)――『もののけ姫』論本陣」(57枚、「すばる2016年6月号)


すばる2016年6月号[雑誌]

すばる2016年6月号[雑誌]


2016-04-07

新刊『長渕剛論――歌え、歌い殺される明日まで』刊行


 以下の本が刊行になります。

 血と汗と涙と心を込めて書かせていただきました。

 長渕氏との対話も収録されています。

 どうぞよろしく。


 ◆◆(4冊目)『長渕剛論――歌え、歌い殺される明日まで』(毎日新聞出版、2016年4月26日


http://mainichibooks.com/books/novel-critic/post-294.html



2016-04-01

最近仕事(『耳をすませば』論+ドストエフスキー講座)


 前号の続きが今月号の「すばる」に掲載されます。近藤喜文監督の『耳をすませば』について。


 ◆「宮崎駿の「折り返し点」(2)――『耳をすませば』に背中を押されれば」(58枚、「すばる」2016年5月号)

 

すばる 2016年05月号[雑誌]

すばる 2016年05月号[雑誌]


 先々月、河出書房の『ドストエフスキー』へ寄稿しましたが、その後、ロシア文学研究者の亀山郁夫さんから連絡があり、僕の原稿を読んで「感動」したと。それで、4月から開催される亀山さんのドストエフスキー連続講座(NHK文化センター青山教室)の中の、公開対談の相手指名して頂きました(7月9日予定)。有難いと同時に、畏れ多い気持ちです。本音をいえば、今の僕の人間力では、ドストエフスキーに向き合うだけの力が全身に満ちていないと感じますが、折角の貴重な機会なので、夏に向けて、ドストエフスキーという人間に挑んでみようと思います。


 https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1099267.html



2016-03-01

最近仕事宮崎駿の「折り返し点」)


 ◆「宮崎駿の「折り返し点」――『もののけ姫』論前哨」(58枚、「すばる2016年4月号)


 昨年の春ごろから、『宮崎駿論』(2014年4月)の続編を書き継いでいました。

 前著では十分に論じられなかった1990年代後半の、宮崎駿の「折り返し点」の意味について、そしてそれ以降の宮崎氏の仕事について、もう一度向き合って何かを考え直してみたいと思いました。

 大人の仕事って何だろう。大人の責任とは。善悪や美醜を切り分けない〈子ども〉たちの眼差しのラディカルさを、平凡で地味な大人の(リベラルな)仕事や暮らしに接続できるのか。宮崎駿の悪戦と苦闘に重ねながら、僕もまた自らの問いを「折り返す」ことができるのだろうか。そんなことを考えたいと思っていました。中島岳志、浅尾大輔、大澤信亮、各氏らの『宮崎駿論』への書評=批評によって背中を押されたという気もちもありました。

 続編の中心になるのは、『風立ちぬ』論と『もののけ姫』論です。

 『もののけ姫』論は、「すばる」に三回に分けての掲載予定。今回はその第一回です。

 ……それにしても、宮崎駿という人の作り出す世界は、非力で凡骨な僕などの手には余る、巨大な神々の山巓であって、何度全力で挑み、その時々の僕の持てる力で最強最高の批評を書いても、根本的な何かを汲み尽せた気がしません。

 批評家小林秀雄は、ドストエフスキーという巨大な他者出会って、30年に渡って批評を書き継ぎ、のちに結局は未完で失敗した、と言っていたけれども、小林ほどの批評家ですら――と思うならば、宮崎駿の世界に対する僕のささやかな挑戦は、折り返し点どころか、ようやく、まだ山裾のあたりに差しかかったところかもしれません。

 次回(2)は、近藤喜文監督の『耳をすませば』を論じます


すばる 2016年 04月号[雑誌]

すばる 2016年 04月号[雑誌]