Hatena::ブログ(Diary)

西安観光ブログ:中国西安旅行観光ガイド/観光地案内/観光スポット紹介/観光見所情報 このページをアンテナに追加 RSSフィード

Pingoo! 【ALA!中国】

西安旅行徹底ガイド〜フォートラベル 西安旅行のクチコミサイト〜フォートラベル 世界遺産・遺跡・秘境徹底ガイド〜フォートラベル 歴史・文化・芸術徹底ガイド〜フォートラベル

西安は昔から長安と呼ばれ、中国歴史上で最も重要な時代周、秦、漢、唐など13王朝が西安に都を定め、西安は中華民族の歴史と文化の発祥地として、また、かつてはシルクロードの出発点であり、歴代皇帝のお墓、仏教史に残る名刹/お寺、古代遺跡などの文化遺産が西安に遺されています。なかでも、1987年に世界八大奇跡に登録された秦始皇帝陵と兵馬俑坑があります。また、2014年6月22日にシルクロードが世界文化遺産に登録されたことにより、シルクロードの起点としても西安の世界文化遺産は1カ所から8カ所に増え、西安の漢長安城跡(未央宮遺跡)、唐長安城跡(大明宮含元殿遺跡)、大雁塔(慈恩寺)、小雁塔(薦福寺)、興教寺、張騫墓、彬県大仏石窟の7カ所も世界文化遺産に登録されました。また、昔から、遣隋使、遣唐使を受け入れ、西安は日本とのかかわりも深くて、現在も京都市と奈良市とで友好都市の関係にあります、遣唐留学生阿倍仲麻呂、井真成、吉備真備、弘法大使空海大師などのゆかり地も現在の西安に遺されています。西安は毎年2500万人以上もの観光客を国内や海外から迎えています、皆様へお役たち西安観光情報満載のブログを作って行きたいと存じますが、ご質問 、ご要望などが何でもお気軽に弊社<中国金橋国際旅行社西安支社>へお聞き下さい。弊社スタッフ一同頑張って参ります、自由自在の中国内陸(中国西部)の西安、シルクロード、チベット、九寨溝等の個人旅行も格安手配できます、ご要望に沿ったアレンジも致します、詳しくはお電話又はメールにてお気軽にお問い合せ下さい!  お客様の声(新)  お客様の声(旧)
   中国金橋国際旅行社西安支社<西安金橋国際旅行会社>  中国語ブログ(新)

西安郊外の各種ツアー
西安金橋国際旅行社/西安金桥国际旅行社(せいあんきんきょうこくさいりょこうしゃ/xi`an jinqiao guoji lvxingshe)


住所:西安市西大街安定広場3号楼A座503室(本部)、西安市西大街安定廣場4号建物-2単元-4階-418室(日本部)

個人ツアーが弊社の得意で、歴史に詳しい日本語ガイドがご希望の行き先を組み合わせお見積もりします。食事もお好みに合わせアレンジ可能、ご自分のペースで効率よく動けます。西安情報満載の弊社ブログもお役立ちますから、是非ご覧ください。列車、バス、ローカル劇、歌舞ショー等の切符手配代行料がそれぞれ1枚70元。車チャーターは市内1日400元、日本語ガイドは1日400元。その他、西安郊外の各種ツアーのアレンジも行っております。

▅東線ツアー/兵馬俑、始皇帝陵、鴻門宴/半坂遺跡、華清池。ひとり500元
▅南線ツアー/香積寺、興教寺、草堂寺、水陸庵(小敦煌)。ひとり800元
▅西線ツアー/法門寺、五丈原、太公望の釣魚台等。ひとり1200元
▅北線ツアー/黄河壷口瀑布(滝)、延安、黄帝陵。延安1泊必要、別途連絡
▅西北線ツアー/咸陽博物館,茂陵,楊貴妃墓,乾陵永泰公主墓。ひとり900元
▅東北線ツアー/司馬遷墓・祠、黄河、韓城、党家村、登龍門。ひとり1600元
▅崋山ツアー/崋山、西岳廟(五岳第一廟と陝西故宮とも謂れ)。ひとり800元
▅黄河ツアー/黄河壷口瀑布(滝),黄土高原とヤオトン(車窓)。ひとり1800元
▅漢中ツアー/褒斜桟道、武侯墓・祠、馬超墓、定軍山等。ひとり1700元
▅秦代大規模工事遺跡巡りツアー/鄭国渠、秦直道等。ひとり1400元
▅パンダツアー/秦嶺四宝(パンダ・キンシコウ・トキ・ターキン)。ひとり700元
▅麦積山ツアー/秦嶺山脈西端の麦積山石窟(世界遺産)。ひとり1800元
▅三国志ツアー/葫蘆峪,五丈原,仲達台,陳倉城,大散関等。ひとり1500元
▅石窟ツアー/彬県大仏寺、王母宮石窟、南・北石窟寺。ひとり1800元
▅函谷関ツアー/秦の時代の函谷関、風陵渡黄河風景区。ひとり1500元
▅秦漢遺跡巡りツアー/阿房宮,咸陽宮,劉邦墓,漢陽陵,漢長安城。別途連絡
▅農民画ツアー/東韓農民画村体験、農民画名家訪問等。ひとり800元
▅磁器ツアー/耀州窯博物館、唐宋耀州窯遺跡、陳炉古鎮。ひとり1300元
▅陝西民芸品ツアー/版画、泥塑、馬勺臉譜の伝人訪問。ひとり1500元
▅黄土高原窯洞ツアー/天下ヤオトン第一村終日体験。ひとり1100元
▅書道ツアー/碑林博物館、書院門散策、拓本作り体験等。別途連絡
▅遣唐使足跡巡りツアー/朱雀通り、興慶宮、西北大学、環城公園、大明宮。
▅西安事変ツアー/華清池、張学良公館、楊虎城記念館・墓、八路軍事務所など
▅漢詩ゆかりの地巡りツアー/渭城,杜公祠,曲江,青龍寺,大雁塔,西門など
▅歴代シルクロード起点遺跡ツアー/漢未央宮、唐大明宮、明西門等
▅自転車ツアー/自転車でゆっくり西安市内又は郊外の遺跡巡り
 ...  ...
(ツアー代金は車両、ガソリン代、高速料金、駐車場代、運転手当、日本語ガイド料を含む<GW等の連休日は2〜3割程度高くなります、ご了承下さい>。入場料や昼食代は別途その時お支払いして頂いています。市内のお泊まりホテル発着、毎日2名より催行<追加料金で1名でも催行可能>)

電話:日本部=+86-(0)298565-7531
        日本語24時間対応=13772192936(携帯、24時間対応);
FAX:日本部=+86-(0)298565-7531
オ:4月〜10月9:00〜18:00(夏);
    11月〜3月9:00〜17:30(冬)
休:なし;
力:なし
E-mail:xiaojunn@gmail.com 
blog:http://d.hatena.ne.jp/xiaojun/
http:http://www.geocities.jp/niwang2009/
line:seian_gei
facebook:nxiaojun
linkedin:西安金橋国際旅行社

 

十三人の勇士

22:34 | 十三人の勇士を含むブックマーク 十三人の勇士のブックマークコメント

f:id:xiaojun:20160924221109j:image

2000年前、シルクロードはユーラシアを東西に貫く友好・文明の架け橋となりました。この舞台では数え切れない感動的な物語が上演されてきました。今から約2000年前の後漢の時代、漢の部隊は数千キロを越えて、雪の中を進み、天山山脈を乗り越えて辺境の駐屯部隊の救援に向かいました。この「電撃戦」の進軍と作戦の主人公・耿恭の物語は今でも広く伝えられています。今回の中国メロディーは血沸き立つ物語と音楽をお伝えします。

数百人対二万人の戦い

物語は今から約2000年前の西暦75年の西域で始まりました。物語の主人公・耿恭は匈奴との戦いの中、幾度も戦功を建てたため、戊己校尉という役職に任命されました。匈奴からの侵入を防ぐため、耿恭は数百人の兵士を率いて天山山脈の麓にある金蒲城という町に駐屯していました。

f:id:xiaojun:20160924221252j:image


しかし、西暦75年の春、匈奴は2万人という大規模な攻勢をしかけ、金蒲城を包囲しました。取り囲まれた耿恭は危険を前にしても恐れることはありませんでした。匈奴軍が城を攻め始めると、耿恭軍は毒矢で匈奴軍を敗走させ、さらに暴風雨に乗じて毒矢に苦しむ匈奴の大軍を急襲しました。耿恭はわずか数百の兵力で二万の匈奴軍を撤退させたのです。

生きる望みをつなぐ

西暦75年の春、耿恭軍が金蒲城からより高く険しい疏勒城に拠点を移しました。一方、匈奴軍は大兵力を以て疏勒城を包囲し、ここに史上最も激しい防衛戦の幕が切って落とされました。匈奴軍は多くの死傷者を出して戦うものの城を落とすことができません。そこで、匈奴軍は町の水源の上流を分断させる作戦に出ます。

f:id:xiaojun:20160924223050j:image

こんな危機の中、耿恭は城内にある水源を探し、30メートル以上も深く掘った先に水脈を見つけました。しかし、匈奴軍の猛攻が続き、町の中の生存者は徐々に少なくなります。耿恭軍の最後の希望は、敦煌へ救援を求めにいく使者で耿恭の部下・范羌に託されました。

帰還した十三人の勇士

疏勒城の包囲を破るため、後漢の朝廷は7000人の部隊を派遣し、救援に向かわせました。このとき天山山脈は大雪で山道が閉ざされていたため、援軍内には天山を越えて耿恭を救援に向かうかどうか意見が割れていました。救援を求めた使者の耿恭の部下・范羌は、救援を継続させる立場を堅持したため、援軍の将軍は范羌に2000人の部隊を与えて向かわせました。そして、ようやく後漢の援軍が疏勒城に到達し、救援部隊が耿恭軍と合流した時には、兵士たちは抱き合い泣いていたことが伝えられています。

f:id:xiaojun:20160924223238j:image

このとき耿恭と部下はあわせて26人しか残されておらず、帰還中に身体の衰弱によってさらに13人が息絶えてしまいました。その後、耿恭は後世の人に「漢の軍隊の魂をここに讃える。耿恭とその部下は、命で栄誉を守り、血で伝奇を書いた」とその志を伝えたのです。

f:id:xiaojun:20160924223333j:image

番組の中でお送りした曲

1曲目〜大風歌(だいふうか)

 この歌は漢の時代の皇帝・劉邦が作った詩「大風歌」をモチーフにした同じタイトルの歌です。

歌詞:

激しい風が起こり 空に雲が湧きあがった

何とかして勇士を集めて

天下を守りたいものだ

2曲目〜出塞(しゅっさい)

 歌は漢の時代、兵士たちが故郷を離れて西域の辺境守備に向かう切ない気持ちを表しています。

歌詞:

雁門関から出て 雄関を越え

両親に別れを告げて 長安から離れた

美しい鞍に飾られた駿馬に乗る

国を守るため

男は辺境へ向かう

3曲目〜満江紅

 歌は宋の時代の名将・岳飛が作った「満江紅」をモチーフにした歌です。詩は耿恭が匈奴と勇ましく闘う英雄の気概を讃えました。

歌詞:

怒りで髪は逆立ち

冠を突き飛ばしそうなほど

欄干に身を寄せていると

激しい雨が止んだ

眼を上げて

空を仰ぎ叫んだ

この胸は激しく熱くなっている

『東方帝王谷』

10:31 | 『東方帝王谷』を含むブックマーク 『東方帝王谷』のブックマークコメント

『東方帝王谷』は、西安周辺(関中盆地)にある帝王陵(主に周と秦)、及び帝王達のことを詳細に述べてるドキュメンタリー映画です。バーチャルリアリティ(仮想現実)も楽しめる映画で、解り易いです。また歴史の勉強になる作品で、時間がある時に、是非お楽しみ下さい。

http://m.cctv.com/dc/v/index.shtml?guid=754c9fbe53df49e6b341cc5052f8327f