中山幸雄デジタルノート

中山幸雄デジタルノート



2017-06-25

佐藤優『悪の正体—修羅場からのサバイバル護身術』(2017)




キリスト教神学は講義を聴いたり本を読んでも

なかなか肌感覚で掴めないところがある。

ところが「悪」の補助線を引くと、

「なるほど!」と合点がいくことが何度かあった。

「悪」に着目すると、「善」を読み解けるのか。

佐藤優『悪の正体—修羅場からのサバイバル護身術』(2017)を読む。



章立ては以下の通り。


   第1章 悪は人間によって行われる

   第2章 カネと欲望から生まれる悪のシステム

   第3章 誰の中にも悪がある

   第4章 不条理さに何を見るか

   第5章 言葉だけで心理を操る

   第6章 直観と洞察力を働かせる

   第7章 角度を変えて世界を見る

   付録 一から分かる「新約聖書」の読み方と

      忙しい人のためのワンポイントレッスン


本書のベースになったのは

2014年2〜3月に全4回(各2時間)で行われた以下の講座ではないか。

ただし、森友学園忖度事件など最新エピソードの分析を交え、

全面的に内容をアップデートしていると思われる。

(そのためか、以下講座に関する記載は本書にはなかった)


   朝日カルチャーセンター新宿教室・学生会員講座

   「悪魔論(サタノロジー)の研究

   − 宗教・思想はいかに『悪』を脱構築してきたか」

   (メルマガ「佐藤優直伝・インテリジェンスの教室」Vol.50から引用)


講座受講の前提として

映画『闇金ウシジマくん』『人のセックスを笑うな

を観ておくこととしているのも

悪の現代性に取り組む姿勢がうかがえる。

本書でも同2作の著者の記述は興味深い。


人のセックスを笑うな [DVD]

人のセックスを笑うな [DVD]


馬場岳人朝日新聞出版写真部)の著者近影表紙カバーが怖すぎて

佐藤優悪人のように見えてしまう(失礼!)。

付録「新約聖書」の読み方、

文章の書き方、本の読み方についての

ワンポイントレッスンが懇切丁寧。

著者の読者へのサービス精神がうれしい。

編集担当・中島美奈(朝日新聞出版


[asin:4820212427:detail]

(文中敬称略)

2017-06-24

大王弁当、後方支援




本日、同居人は月一回の

東京コピーライターズストリート収録日。

0円プロジェクトとして、

執筆者、出演者、録音・演出スタッフが無償で協力。

同居人の会社で録音し、ウェブサイトで公開している。


収録後は、同居人の手料理で打ち上げが吉例。

大王食堂は同居人用夜食弁当で後方支援している。

(人の世話を焼いて、自分は必ず食いっぱくれる)


f:id:yukionakayama:20170624223729j:image


黒胡麻ごはん。唐揚げ(堀田牛肉店)。竹輪2種。

かぼちゃそぼろ。カツオ角煮。インゲン。春菊おかか和え。赤カブ漬。

インゲン、春菊長野仕入れてきた地野菜。

新鮮なうちにゆがいて、おかずの一品に使います。


f:id:yukionakayama:20170624181657j:image


僕の本日の賄いごはん。

黒胡麻ごはん。味噌汁(じゃがいも、若布)。かぼちゃそぼろ。

コロッケ2ヶ(堀田牛肉店)。きんぴらキャロットハウス)。麦茶。

定食屋風セットメニューでございます。


f:id:yukionakayama:20170624225007j:image

2017-06-23

産直野菜とごぼとん丼




秘湯会復活長野ツアー3日目。

最終日は買い出しと立ち寄り湯。

町内のスタンドでガソリンを補充し、

おばちゃんに尋ねたのが大正解。

隣町のたかもり旬彩館を教えてもらった。


f:id:yukionakayama:20170624105558j:image

(段ボール箱一杯買って+淡竹水煮2袋で1,920円!)


地元産の野菜、果物、卵、豚肉、豆腐など

目移りするほどの品揃え、低価格!

副会長と僕はそれぞれの家庭消費分の食材を

ここで仕入れた。


f:id:yukionakayama:20170623123411j:image

(ごはんの上に千切りキャベツ、ごぼう煮、甘タレ豚肉ロース、山葵!)


その後はまつかわ町営・清流苑に行き、

立ち寄り湯(400円)と地元名物・ごぼとん丼(980円)。

脂身たっぷりの豚肉にひるみかけたが、

副会長の勢いに乗っかって注文。

なんとも不思議な丼だった。

B級グルメとしてブームとなる日が来るのか、

ごぼとん丼。

2017-06-22

長野を縦断し、鹿塩温泉に向かう




長野県は広い。

秘湯会復活ツアー二日目は県を縦断し、

鹿塩温泉・湯本山塩館に向かう。

高速を使ったクルマの移動で3時間かかった。


f:id:yukionakayama:20170622100746j:image


伊那大島駅のある町に着いたが、

食堂らしきところは3軒しか営業していない。

今回は蕎麦づくしと「にっぱち庵」を選んでみた。

名古屋からクルマで客が来る有名店らしく、

ノートに名前を書いてから蕎麦を口にするまで1時間。

何をするという旅でなし、時間は余り余っているのだが、

気の短い秘湯会にはやや長めの待ち時間となった。


f:id:yukionakayama:20170622125149j:image


もりそば(大盛)、天ぷら(筍、鱚、穴子)をいただいた。

うまいことはうまいと思うが、

秘湯会は有名店にまったくこだわらない。

前日の「やきもち家」の気楽な蕎麦がいいなぁ、と結論した。

値段も秘湯会の昼食としては異例の高め!

ま、それも採点に作用したと思う。


f:id:yukionakayama:20170624103841j:image


山塩館は日本秘湯を守る会会員の宿。

しょっぱくて、柔らかい湯が素晴らしい。

明治までは官許で塩を作っていた。

いまも調理や土産用にごく少量の山塩を生産している。

2017-06-21

縁側で、カエルのコーラス、霧見酒




秘湯会ツアーが2年6ヶ月ぶりに復活!

堂々2泊3日で長野の湯巡りに旅立った。

一泊目は中条日下野「やきもち家」

雲海が見える宿を同居人が推薦してくれた。

淡竹が入手できたら買ってくる約束で20,000円の補助金付き!

(6月初旬で収穫が終了。水煮2袋買ってきた)


f:id:yukionakayama:20170622100536j:image


夜半にはあたり一面に霧が出て、

縁側で霧見酒。

カエルのコーラスが

四方八方から響いて実に楽しい。


f:id:yukionakayama:20170621142406j:image


以前の村営から市営に変わり、

民間業者が委託されて経営している。

市の補助があるのか、お値段もリーズナブル。

裏山の名前を付けた日本酒「穴倉山」を常温でいただいた。


f:id:yukionakayama:20170621133150j:image

f:id:yukionakayama:20170621132545j:image

2017-06-20

主演男優を見送る脇役二人




きょうのスクラップブックから。

朝日新聞2017年6月20日朝刊。


f:id:yukionakayama:20170620113637j:image


岩下毅カメラマンが

首相官邸で絶妙の一枚を撮りました。


f:id:yukionakayama:20170620115515j:image


安倍首相、菅官房長官、萩生田官房副長官

三人の力関係を察することができそうな

アングル、表情を押さえました。


官邸人事も近々あるようで

はて、件の官房長官官房副長官

舞台に残れるかどうか。

内閣支持率低下にはすばやく反応し、

低姿勢の記者会見演出・主演した首相の心中は?

首相視線を向けられることもなく、

頭を垂れ、何を思うか、脇役二人。

2017-06-19

スペイン風オムレツで大王弁当




週末に同居人が我が家用に焼いた

スペイン風オムレツベーコン、じゃがいも)が

冷蔵庫に常備菜で残っています。

月曜日はすかさず大王弁当。


f:id:yukionakayama:20170619075310j:image


黒胡麻ごはん。スペイン風オムレツ。竹輪2種(喉黒、飛魚)。

インゲンおかか和え。赤カブ漬け。紫蘇梅干し

4Fの社員食堂に行って味噌汁(40円)、冷や奴(50円)を注文。

つぼ漬け、濃いめの緑茶(どちらも0円)をいただいて

90円の月曜ランチです。


f:id:yukionakayama:20170619183210j:image

(少し早めに会社を出て、イタリア料理の店まで歩いていく)


今夜は4月に異動した部署の晩ごはん会。

なにかと出費が続くので、

昼は滋養と倹約のバランスを考えて弁当持参です。

オムレツは塩味が効いていて

ごはんのおかずにもピッタリ!