yyzz2;虫撮記【虫画像・他】

昨年までは虫撮りの記録および虫の話題です。

苫小牧から転勤して,現在は遠軽町で活動……していません。

HPはhttp://yyzz2.sakura.ne.jp/。Twitterは更新連絡と愚痴。https://twitter.com/yyzz22

現在,心ならずも完全不定期に陥っています。

17-10-08(日)

[][]エゾヒグマの分類。Hastina属・Euhampsonia属修正。アオセダカシャチホコの図版。 エゾヒグマの分類。Hastina属・Euhampsonia属修正。アオセダカシャチホコの図版。を含むブックマーク エゾヒグマの分類。Hastina属・Euhampsonia属修正。アオセダカシャチホコの図版。のブックマークコメント

 今は大学も営業が大変である。教授たちが研究に専念できるご時世ではないらしく,昨日は北見の高校で北海道大学の宣伝のための出前模擬授業があった。本来招かれざるわたしが,顧客である高校生に混入して,しかも一番前の席を陣取って何か質問してやろうと身構えていたのは言うまでもない。

 

 北海道のヒグマについて,ミトコンドリアDNA解析による系統分類から地理的移動を明らかにするという講義。

 亜種エゾヒグマ Ursus arctor jezoensis (北海道の大熊の雄熊)に3系統があるのは頭骨の測定によってすでに知られていたという。今回の話は,この3系統と同系列のヒグマのそれぞれをヨーロッパ・北アメリカに見いだしたというもの。これによってヒグマの歴史的な移動経路を推測できる。

 よく分からなかった。北海道亜種が亜種分類されているからには,ヨーロッパやアメリカの亜種とは形態などに違いがあるのだろう。遺伝的に近いのなら亜種認定されるほどの差異があるのだろうか? 蛾の亜種分類は結構シビアだぞ?

 終了後。

 Q:エゾエーンシス亜種は他の亜種に対してどのような形態の違いがあるのですか。

 A:分布地域による亜種区分です。記載的には「小さい」というぐらいです。

 Q:わたしは虫の分類に関心のある人間なのですが,哺乳類の亜種にはそのような分布によるケースがあるのですか。

 A:虫のようには交配することが難しいので,地理的なものが多いです。

 昆虫の亜種分類で交配が行われるかわたしには分からない(他種を撚り出す時にペアリング実験をが行われるのは知っている)が,すくなくともクマについてはその程度の基準での亜種分類だったのだな。実践的には違いない。

 これは勉強になった。専門家の話を聞くのはだから面白い。

 

 HPの手直しが続く。

  • Hastina属
    • ネットサーフしていたら,サンスクリットに引っかかったので追記しておく。
  • Euhampsonia属
    • 原記載の確認。

 せっかくだから,アオセダカシャチホコの原記載の図版。

f:id:yyzz2:20171008184457j:image

オーベルチュールの1877,Études d'entomologie 5。http://biodiversitylibrary.org/page/10426388

だいぶん感じが違う。前翅の色の濃い部分がずいぶん強調されている。

 わたしの撮った写真ではこう。再掲。

f:id:yyzz2:20171008174308j:image

 ついでだからどんどん貼ろう。松村松年の1921,新日本千蟲圖解 4。http://biodiversitylibrary.org/page/34535943

f:id:yyzz2:20171008184504j:image

モノクロ絵なのでよく分からない。

 つぎはザイツ。1915, Die Gross-Schmetterlinge der Erde 2。http://biodiversitylibrary.org/page/9921506

f:id:yyzz2:20171008184501j:image

ああ,なるほどね。まあ,そういうものなんだな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yyzz2/20171008

17-10-03(火)

[][]Togepteryx属調べ直し。松村松年におけるタテスジシャチホコの標準和名の混乱について。 Togepteryx属調べ直し。松村松年におけるタテスジシャチホコの標準和名の混乱について。を含むブックマーク Togepteryx属調べ直し。松村松年におけるタテスジシャチホコの標準和名の混乱について。のブックマークコメント

 HPのシャチホコ修正中.Togepteryx属の調べ直し

 どんどん面倒な事案が発生する。

 

 タテスジシャチホコの属名の原記載は,松村松年, 1920, 動物学雑誌 32 379: 149 (PDF)。

 すると,こう。

(二三) ハガタエグリシャチホコ Togepteryx (n.g.) velutina OBTH.

とあって,これが学名的に現「タテスジシャチホコ」。そしてすぐ後に2度目の

(二四) ハガタエグリシャチホコ Hagapteryx admirabilis STGR.

で,こちらの学名は現「ハガタエグリシャチホコ」で合っている。ならば(二三)が単純な誤記載かといえばそういう訳ではなくて(!),「タテスジシャチホコ」の和名は同書のp. 146に

(一五) タテスヂシャチホコ変種 Notodoncta rothschildi WILEM. et. S. var sachalinensis n. var

として出てきている。じゃあ(二三)が本当は何のつもりだったかかといえば,分からない。ちなみ,Notodoncta rothschildi は現「ウチキシャチホコ Notodonta dembowskii」である。さあて,ごちゃごちゃですよ。

 

 それで翌年(1921)の『新日本千蟲圖解』第四巻のp. 811

(848) たてすぢえぐりしゃちほこ Togepteryx velutina Oberth.

画像は,第五拾九圖

f:id:yyzz2:20171003183412j:image

これは現「タテスジシャチホコ」で間違いない。

 ところで旧「タテスヂシャチホコ(現ウチキシャチホコ)」は依然として1921年では「旧」のままである。画像は第五拾八圖

f:id:yyzz2:20171003184922j:image

モノクロだけどこれも「ウチキ」でOK。

 

 というわけで,和名「タテスジシャチホコ」がいつからどこからTogepteryx velutinaに用いられることに確定したのは不明である。新属Togepteryxの原記載段階で致命的に混乱しているのだから始末に悪い。

 本気で調べるつもりなら日本語の論文や図鑑をしらみつぶしに当たらねばならないのだが,荷が重い気が重い。だから標準和名は面倒なのである。和名の面倒までは見られないよ。

 

 もののついで。オーベルチュールの原記載(Drymonia velutina)からの画像。

f:id:yyzz2:20171003193059j:image

 Oberthür, 1880, Études d'entomologie 5: pl. 8

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yyzz2/20171003

17-10-02(月)

[]ケイさんからの蛾メール。ケイさんのブログ引っ越し。モンクロシャチホコ。ウスミドリナミシャク。 ケイさんからの蛾メール。ケイさんのブログ引っ越し。モンクロシャチホコ。ウスミドリナミシャク。を含むブックマーク ケイさんからの蛾メール。ケイさんのブログ引っ越し。モンクロシャチホコ。ウスミドリナミシャク。のブックマークコメント

 今日は勤務校のマラソン大会振替休み。朝からPCに向かっている。しんどいのだけど,仕事よりはずっと楽しい。

 

 メール箱をのぞき込む習慣をもともと持っていなかった。メールが来ても気づかずにそのままのことがしばしばあって,ある日たまたま見ると,8月20日にケイさんから来ていたそれが完全に放置されていた。まずいなあ。

 ケイさんとはTwitterでやりとりがあるのだけれども,彼のブログの方は(わたしなみに)更新が少ないのですっかりご無沙汰していた。今回おどろいて見返すと,実は引っ越していたのである。

 スマホのゲームの記録ブログ。「アラフィフおやじのモンスト記録帳〜典型的ベビメタおじさん〜」。わたしぐらいの年齢になったらタイトルを変えるのかな。

 スマホを持っていないし,ベビメタも知らないので内容の詳細は分からない。文献読みになり果ててしまったわたしと同じくらい不健康なことに熱中しているような気もする。よく分からない。もうずいぶん長いこと人間をやっているので,「分からない」ことがとみに怖くなくってきた。大抵のことは分からない。

 とりあえず(何が?)「(ケイさんが以前好んで読んでいたような)自己啓発本」と「スマホゲーム」とでは後者の方がより健康度が高いような気がする。スマホゲーは延命措置と消尽の欲望とのせめぎ合いで,しかも必ず後者が勝利することが運命づけられている因果な生産物だから,ケイさんが残りの人生(まだまだ残っている)で次に何へ向かっていくか*1楽しみでもある。きっと何かをやっている人だと思うのである*2

 

 人のことをサカナにどうにも失礼なことを書いている*3のだが,当ブログに登場するほぼ唯一の人間なのであって,相当感謝している。

 というわけで,また蛾の写真を送ってくれた。わたしは自分では撮らなくなってしまったので,ケイさんの写真が当ブログの数少ない彩りとなっている。

 五体投地とともに貼る。

f:id:yyzz2:20171001192521j:image

モンクロシャチホコ。翅をたたんで止まっているとこれは異形の蛾なのだが,この画像では蛾であることがよく分かる。

 Seitzの図鑑と比べてみようか。

f:id:yyzz2:20171002082423j:image

Seitz, 1912, Die Gross-Schmetterlinge der Erde, Bd. 2, pl. 47

  

 もう1枚。

f:id:yyzz2:20171001192522j:image

ウスミドリナミシャク。この蛾は苫小牧の公園のトイレの壁で見た記憶があるのだが,ブログを検索してみると出てこなかった。モウロクがひどいのかもしれない。そもそも,この蛾の名前を忘れてしまっていて,調べ直しに相当な時間がかかったのである。同定力が10数年前のレベルにまで落ちているのである。

 この画像はHPの方にも使用。「他人のなんだか」である。ごめんなさい。

 

 というわけで,ありがとうございました。酒ばかり飲んでいるようなことが書いてありますが,わたしの方も飲みたくて飲むのだけれども,この頃は飲むとテキメンに具合が悪くなります。お体を大切に。

 

 

*1:パスカルのdivertissement的な意味で。別にケイさんが宗教に行っても止めはしないのだが。

*2:止まったら窒息するという回遊魚的な意味で。

*3:ごめんなさい。

ケイケイ 2017/10/02 19:41 とりあげていただきありがとうございます!
この歳でまさかスマホゲーにはまるとは思わず、ブログという形にしてしまいました。
過去のブログよりずっとPVがいいですよ(笑)
啓発本のたぐいはすっかり興味なくなりました。
なるようになれです(笑)
BABYMETALは、久しぶりに音楽好きの心をゆさぶってくれました。

回遊魚の用に(笑)がんばっていきます!

yyzz2yyzz2 2017/10/02 20:45 どうも勝手なことばかり書いて申し訳ないです。
PV>メジャーなんですねー。負けない(=めげない)ぞー。
音楽>すっかりゲーム音楽くらいしか聞かなくなりました。

また,暇な時でいいので,よろしくお願いします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yyzz2/20171002