ぼくは明日、昨日のきみとデートする

(読書)
ぼくはあすきのうのきみとでーとする

七月隆文の恋愛小説。
宝島社文庫(宝島社)にて2014年8月刊行。
作者にとって一般文芸デビュー作。ネットでの口コミを中心に話題となり、90万部を突破した。
2016年12月、全国東宝系で実写映画化。主演・福士蒼汰、ヒロイン・小松菜奈。

あらすじ

京都の美大に通うぼくが一目惚れした女の子。高嶺の花に見えた彼女に意を決して声をかけ、交際にこぎつけた。気配り上手でさびしがりやな彼女には、ぼくが想像もできなかった大きな秘密が隠されていて――。
「あなたの未来がわかるって言ったら、どうする?」
奇跡の運命で結ばれた二人を描く、甘くせつない恋愛小説。彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる。

http://bokuasu.jp/about/#story

既刊

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ