アエネーイス

(読書)
あえねーいす

Aeneis(羅)

古代ローマの詩人、ウェルギリウスが執筆した叙事詩。
トロイア戦争の生き残り、英雄アエネアス(アイネイアス)が落城するトロイアを脱出、生き残りの民を率いて地中海世界を放浪した後、イタリアに上陸してラヴィニウム市を建設するまでを描く。

ヴェルギリウスは10年あまりをこの作品に投じたが、未完成の状態で世を去っている。遺言では原稿を破棄するように求めていたが、皇帝アウグストゥスは刊行を命じた。
構成は基本的にはホメロスの本歌取りであり、前半の放浪はオデュッセイア的とされ、後半のイタリアでの戦闘はイリアス的とされる。
技術的にも非常に優れており、文学的構成力と音楽的韻律とが高いレベルで両立していると評される。ラテン文学の最高峰*1

*1:これを破棄しろと言ってたヴェルギリウスはどれだけ贅沢なのか、まったく想像を絶するというほかない

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ