カスドース

カスドース

()
かすどーす

長崎県平戸市の郷土菓子。カステラを溶いた卵黄にくぐらせた後、鍋で熱した糖蜜の中で揚げたものである。安土桃山時代にポルトガルのカトリック宣教師から伝わったとされる。