カナン

(読書)
かなん

Canaan(英)

カナーンとも。
聖書に登場する「約束の地」の名。ヨルダン川と地中海の間の地。平たく言うと現在のパレスチナのことであり、神との約束により古代イスラエル民族に与えられた土地して描かれる。出エジプトを果たしたユダヤ人たちは荒野で40年を過ごした後、ようやく到達できた。

転じて*1、「夢の叶う場所」「理想の具現化した場」などの意で用いられることもある。

*1:どう転じたと定義するのが難しいが、普通名詞化した「約束の地」promised landも含めて

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ