カンガルー

(動植物)
かんがるー

哺乳(ほにゅう)綱有袋目カンガルー科に属する動物の総称。この科Macropodidaeには約15属65種が含まれる。また、狭義にはそのうちのカンガルー属に含まれる大形種をさす。オーストラリア、タスマニア島、ニューギニア島およびその周辺の島に分布する。カンガルー科の仲間の大きさは、頭胴長が25センチ~1.6メートルまで、体重0.5~80キロと種によりさまざまで、普通、雄は雌よりも大きい。雌の下腹部にはよく発達した育児嚢(のう)があり、前方に開口する。大形種では後ろ足がよく発達するが、小形種や樹上生の種ではその発達は悪い。
関連語 リスト::動物

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ