ガザ地区

ガザ地区

(地理)
がざちく

パレスチナ地方の地中海沿岸の長方形の地域。Gaza Strip。

概要

パレスチナ自治政府の行政区画。中心都市はガザ。エジプト北東端に接し、地図上のイスラエル国境のすぐ外に位置する。
紀元前6000年頃から人間が定住していたとされ、古代エジプトやペリシテ人の支配下に入り、その後もエジプトやアッシリア、バビロニア、マケドニア王国などに争奪され、紀元前64年にはローマ共和国の支配下となった。中世に入ると東ローマ帝国、イスラム帝国、エルサレム王国(十字軍)、マムルーク朝が支配。1517年にはオスマン帝国がマムルーク朝よりガザを占領。
第一次中東戦争(イスラエル独立戦争)の時に難民になったパレスチナ人とその子孫の住む土地。第三次中東戦争ではイスラエルが占領した。2008年以降はハマスとイスラエルが対立する地となり、日々戦闘や空爆が絶えない地となっている。
「世界最高の人口密度」はここだと言われる。それが事実かどうかはともかく、人口密度が1平方kmあたり1万4,000人にも達する一方で、所得水準が高いわけでもなく、インフラが充実しているわけでもなく、おまけに何かあるとすぐにイスラエル軍が侵攻してくるわけで、居住環境の劣悪さは想像を絶するものがある。

ネットの話題: ガザ地区

人気

新着

新着ブログ: ガザ地区