ゴーヤ

()
ごーやー

Momordica charantia
ニガウリ、苦瓜、ゴーヤー、ツルレイシ、蔓茘枝
ウリ科 ツルレイシ属
インド原産
独特の苦味を持つ。沖縄料理の食材として有名。
沖縄本島では「ゴーヤー」、宮古では「ゴーラー」、八重山では「ゴーヤ」と呼ばれている。

ペルーでは「バルサミーナ」と呼ばれ、常食されているらしい。食用にされるほか、様々な国で伝承薬として用いられてきたらしい。苦み成分はモモルデシンというらしい。

フィリピンでは「アンパラヤ」と呼ばれている。

緑のカーテン

植物を建物の外に育てて暑さをしのぐ「緑のカーテン」を作るにあたって、ゴーヤは最適である。

:食材 :植物

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ