サクラマス

(動植物)
さくらます

サケ目サケ科サケ属の魚類。
ヤマメの降海型。
川の上流部で生まれた稚魚は海へと降り、その多くは降海した翌年に自分の生まれた川へと遡上する。


ちなみに現在の日本語において、「サケ」「マス」という言葉の違いは
サケ:降海するサケ属の各種につけられる名称(シロザケ・ギンザケなど)
マス:淡水生活をするサケ科の各種につけられる名称(カワマス・ニジマスなど)
とされており、英語の「salmon」「trout」の
salmon:海へ降って生活するサケの仲間(Chum salmon・Coho salmonなど)
trout:川で生活するサケの仲間(Brook trout・Rainbow troutなど)
とほぼ同じである。
しかし、マスノスケ(サケ属)の例もあるように、分類学上明確に区別できるものではない、とされている。


関連語 リスト::動物 リスト::魚類



サケ・マス魚類のわかる本 (ヤマケイFF“CLASS”シリーズ) サクラマス大全 (TULCHAN BOOKS) サケ・マスの進化と生態

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ