サンライズ出雲

(地理)
さんらいずいずも

JR東海・JR西日本の寝台特急列車。東京−出雲市間を伯備線経由で走る。
1998年(平成10年)7月10日、従来2往復あった寝台特急「出雲」(京都−伯耆大山間は山陰本線経由)のうち1往復を山陽本線・伯備線経由に変更するかたちで運転開始。ただ、「サンライズ」化される以前の「出雲」の頃から、工事などの都合で京都−伯耆大山間を臨時に山陽本線・伯備線経由で運転していたことがある。
車両は285系電車(サンライズエクスプレス)7両編成。
東京−岡山間は「サンライズ瀬戸」と連結して運転される。
号車番号は東京発が8〜14号車、東京行きが1〜7号車。

関連キーワード:多層建て列車

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ