セントレア

(地理)
せんとれあ

2005年2月17日に開港した中部国際空港の愛称。*1

  • 「中部」を表す"Central"と「空港」を表す"Airport"の文字を取り、"Centrair"とした。
  • 24時間離発着可能、3500mの滑走路を有する海上空港で関西国際空港に続く、本格的な海上国際空港。
  • キャッチフレーズは「こころときめくエアシティ」。
  • セントレアの開港により、従来の名古屋空港(小牧空港)は小型機中心の県営空港「名古屋飛行場」となった。
    • リスト::航空

これもセントレア

  • 空港の所在地も「愛知県常滑市セントレア」
  • 中部国際空港の英語名称も「CHUBU CENTRAIR International Airport」
  • アクセス道路となる知多横断道路・空港連絡道路の愛称も「セントレアライン」
    • その途中にある空港連絡橋は「セントレア大橋」
    • その橋にあった標識の「セントレア東インター」のアルファベット表記は標識令に従い「Sentorea-higashi」だったものの、空港会社の要請により弾力的運用し「Centrair-higashi」に。
  • 連絡鉄道である「空港線」の終点「中部国際空港」の愛称も「セントレア」
  • 名古屋鉄道グループが空港に隣接して開業するホテルの名称も「中部国際空港セントレアホテル」
  • コールサイン(航空管制官とパイロットが無線で交信する際の呼称)も「セントレア」

*1:正確には、空港施設とそこにあるテナントなどの商業施設を合わせた「エアシティ」全体の名称のこと(らしい)。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ