ダブルダッチ

ダブルダッチ

(一般)
だぶるだっち

西井隆詞田中毅による、松竹芸能の漫才コンビ。
チャンピオンカーニバル組として大阪・松竹の若手のトップグループにいる。

ダブルダッチ

(スポーツ)
だぶるだっち

2本の長い縄を使って行うスポーツ。長縄跳びのスーパーバージョン。

  • 歴史

ダブルダッチは、ニューヨークが貿易港として栄えていた頃、オランダの縄商人が遊びとしてアメリカの人に教えたのがきっかけ。ダブルダッチという言葉は、オランダ人が複雑でおかしな事をしたときにそれを指して言うイギリス人の俗語。ダブルダッチはロープ2本さえあれば家の前の路地でもできるということもあり、当時アメリカの子ども達の間に広まっていきましたが、交通が発達し、路地の交通量が激しくなったのと、遊びも豊富になっていったことから、1950年代の終わり頃には忘れ去られ、衰退しそうになりました。
1973年、警察官がダブルダッチを楽しんでいることも達を見てルールを作ったことをきっかけに、ダブルダッチは新しいスポーツとして生まれ変わった。
今では、アメリカを中心に、日本、カナダ、イギリス、フランス、アジア各地などなど、様々な国で行われている。

ネットの話題: ダブルダッチ

人気

新着

新着ブログ: ダブルダッチ