バッチ

(一般)
ばっち

バッチフラワーレメディは、心の平安を取り戻したり、 ネガティブな感情に対処するための野の花や草木のエネルギーから作られた 癒しのシステムです。
イギリスの医師で細菌学者でもあったバッチ博士によって、 1936年に完成された。
バッチフラワーは物理的身体ではなく、精神面や感情面に作用し、感情を自然でノーマルなバランスの取れた状態に保ちます。自分が置かれている状況と、生まれつき持っている性質と均衡を保つように働きます。
すべての病気のうらには、私達の恐れ、心配、欲、好き嫌いの感情が潜んでいます。
これらを探し出して取り除けば、しだいに私達を苦しめる病気が癒えていくという考え方です。

バッチフラワーのレメディは38種類あり
7つのカテゴリーに分類されます。

●恐れと不安
●内心の不確かさ
●淋しさ
●現実の事態への無関心
●失意と絶望
●他人の事を気にし過ぎ

それぞれのカテゴリーで 
さらに細かく分類された感情に対応するレメディを用います。

どのレメディを用いるのかを考えていく過程が重要で
本質的にセルフヒール(自分で自分を助ける自助)です。

しかし
まだ自分でバッチフラワーを選ぶことが難しい方には
英国バッチセンターが認定した専門家(プロクティショナー)が
カウンセリングやアドバイスを行っています。

バッチ

(コンピュータ)
ばっち

batch
必要な指示をあらかじめすべて与えておき、これを一挙に処理すること。自動処理。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ