ビオディナミ

()
びおでぃなみ

1924年、神秘主義者ルドルフ・シュタイナーによって提唱された特殊な有機栽培。
化学肥料や農薬を使わないだけでなく、太陰暦に忠実に動いたり*1、雄牛の角に過剰な意味作用をみたり、水晶の粒やよくわからない調剤をまいたりすることで知られている。
主にワイン界隈で使われる。
英語だとバイオ・ダイナミクスbio-dynamicsである。同じ自然派と一括りにされる有機栽培のビオロジクと区別されるべきである。

*1:農業暦を太陰暦にすること自体はおかしくない。問題はその年々の違いを微調節できるかどうかである

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ