フルアーマーガンダム

(アニメ)
ふるあーまーがんだむ

ガンダムシリーズのうち宇宙世紀を舞台とする作品に登場するモビルスーツ。アニメ『機動戦士ガンダム』から派生したプラモデル企画『モビルスーツバリエーション(MSV)』として登場。

地球連邦軍の増加装甲試験型MS。型式番号はFA-78-1。
一年戦争末期に連邦軍内で極秘裏に開発が進められ、FSWS計画というRX-78ガンダムの改良プランに則り、簡易増加装甲、追加武器、補助推進装置を装備させた機体となっている。
武装はガンダム本来の頭部60mmバルカン砲に加え、手持ち武装として2連装ビームライフル、肩部・膝部から小型ミサイルを発射するミサイル・ベイ、背中に装備された360mmロケット砲、ビームサーベル(オプション)など。

使用したエースとしてハインツ・ベア中尉が知られるものの、実機の存在や配備の実態については諸説あり、はっきりとしたことはわかっていない。ただし、装備について複数のプランがあったことは判明している。

MG 1/100 FA-78-1 フルアーマーガンダム (機動戦士ガンダム)

MG 1/100 FA-78-1 フルアーマーガンダム (機動戦士ガンダム)


漫画『機動戦士ガンダム サンダーボルト』にも登場。型式番号はFA-78。
サイド4「ムーア」跡宙域、通称「サンダーボルト宙域」を攻略する、地球連邦軍の艦隊「ムーア同胞団」に配備される。イオ・フレミング少尉が搭乗し、ジオン公国軍「リビング・デッド師団」のスナイパー部隊と交戦する。
メインカラーはダークブルーと白。前述の別プランの機体の一つらしく、通常のフルアーマーガンダムとは装甲形状や武装が異なっている。
標準装備のビーム・サーベルに加え、射界が広く大型の2連装ビーム・ライフルの他、左腕にロケット・ランチャー5基、ランドセルに大型ビーム砲と6連装ミサイル・ポッドを装備し、フルアーマーの名に恥じない大幅な重武装が施されている。背部には最大シールド4枚を保持できるサブアームを装備して防御力も向上、さらにロケットブースター2基も装着され、増強された多大な推力により後発の高機動型モビルスーツに比肩しうる高機動性を与えられている。ムーア同胞団の侵攻阻止を命じられていたリビング・デッド師団にとって、フルアーマーガンダムの戦線投入は恐るべき脅威として捉えられ、リユース・P・デバイスによるサイコ・ザクの運用を決断させる契機となった。

HG 1/144 FA-78-1 フルアーマーガンダム (機動戦士ガンダム サンダーボルト)

HG 1/144 FA-78-1 フルアーマーガンダム (機動戦士ガンダム サンダーボルト)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ