マウナケア山

(地理)
まうなけあさん

ハワイ島北部にある、標高4200メートルの山。山頂は世界でも有数の、天体観測に適した場所であり、日本のすばる望遠鏡を始め、多数の望遠鏡が建設されている。
マウナケア山は同時に、先住民にとっての聖地でもある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ