ペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群

(サイエンス)
ぺるせうすざりゅうせいぐん

ペルセウス座を中心として出現する流星群。しぶんぎ座、ふたご座と並ぶ「3大流星群」の1つ。
母彗星はスイフト・タットル彗星。出現率が高めで、明るい流星が多く、流星痕が残ることも多い。

毎年7月17日〜8月24日頃にかけて出現し、8月13日前後に極大を迎える。ピーク時には、比較的明るい流星が多く観測しやすい。(目安として1時間に30個程度)

2013年の観測

  • 8月12日夜から13日未明にかけてがピーク
  • 全国で観測が可能
  • ペルセウス座方向を中心として飛び出すように星が流れる
  • 周囲が暗く好条件の場所なら、1時間に20個以上の観測も可能

http://tenki.jp/forecaster/diary/detail-6231.html

国立天文台「ペルセウス座流星群を眺めて、みんなで報告しよう」キャンペーン

ピークに合わせて、流星を見た日時や場所などを報告する特設ページが国立天文台Webサイト内に開設され、個々の報告はサイト上でリアルタイムに集計される。
Perseid meteors2011 夏の夜、流れ星を数えよう ―8月12日~15日 ペルセウス座流星群―

ネットの話題: ペルセウス座流星群

人気

新着

新着ブログ: ペルセウス座流星群