ヤマトタケル

(映画)
やまとたける

リスト::日本の映画::題名::や行

ヤマトタケル

(アニメ)
やまとたける

リスト::アニメ作品//タイトル/や行
リスト::アニメ作品//1994年
リスト::アニメ作品//セルアニメ

解説

ヤマトタケルは1994年にTBS系列で放映されたロボットアニメである(全37話)。同時期に公開された東宝の特撮実写映画『ヤマトタケル』のメディアミックスの一環として制作・放映されたが、ネーミング、モチーフに多少の共通性がある他は、独立の作品である。TV版放映終了後、未消化だったラストを補完する目的でOVA新作『ヤマトタケル〜After War〜』が制作された。

あらすじ

25世紀。新天地を求めて地球を発った地球人移民団は、途中の事故でブラックホールに飲み込まれ、太陽系を遠く離れたオオナム系の惑星イズモに漂着、辺境の村ヤクモに降り立つ。それから十数年後、地球人移民の少年ヤマトタケルは岩山に埋もれていた一体の巨大ロボットを見つける。その名はスサノオ。かつてオオナム系の七つの惑星を滅ぼした伝説の巨人「魔空戦神」の一体であり、さらに太古の魔獣ヤマタノオロチを封印した八つのオロチ玉のひとつをその身に宿していた。ヤマタノオロチ復活をもくろむ魔霊士ツクヨミ。その命を受けスサノオを取り戻すべく襲い来る魔空戦士たち。そんな事情も知らず、タケルと友人ロカは村を追われるようにスサノオと共に旅に出る。それは全宇宙の命運をも左右する大冒険のはじまりであった…。

スタッフ

  • 製作:本橋浩一
  • 企画:杉山豊(ASATSU)・佐藤昭司
  • 企画協力:東宝映画
  • 連載:コロコロコミック(小学館)
  • 総監督・シリーズ構成:井内秀治
  • 監督:森田風太*1
  • キャラクターデザイン:岸田隆宏
  • メカデザイン:大畑晃一
  • 美術デザイン:伊藤主計
  • 美術監督:松宮正純・阿部泰三郎
  • 音楽:手塚理・Vink
  • 音響監督:伊達渉
  • デザインワークス:ゼロGルーム・スタジオレスポンス
  • 制作協力:ベガエンタテインメント
  • プロデューサー:上田正人(TBS)・小竿俊一
  • 制作:日本アニメーション・ASATSU・TBS

主題歌*2

  • 前期OP(1話〜18話)
    • 「真夏の扉」(歌:GLAY)
  • 前期ED(1話〜18話)
    • 「RAIN」(歌:GLAY)
  • 後期OP(19話〜37話)
    • 「Flower of Desert」(歌:濱崎直子)
  • 後期ED(19話〜37話)
    • 「Twilight Songs」(歌:濱崎直子)

登場人物・キャスト

ヤマトタケルとその一行

  • ヤマトタケル:亀井芳子
  • ロカ:緒方恵美
  • オト・タチバナ:かないみか
  • マ・ホロバ:茶風林
  • カオン:矢島晶子

ツクヨミと魔空戦士たち

  • ツクヨミ:堀内賢雄*3
  • ミカヅチ:森川智之
  • アマツミ:石田彰
  • クシナダ:折笠愛
  • キリュウ:高木渉
  • キリオミ:喜田あゆみ
  • オウカ:安西正弘
  • アモン:古田信幸
  • ハヤミカ:木藤聡子

その他

  • ヤマトヨシオ:中田和宏
  • ヤマトカオル:佐々木るん

メカニック

魔空戦神

  • スサノオ(搭乗者:ヤマトタケル)
  • タマノオ(搭乗者:アマツミ→カオン)
  • トキノオ(搭乗者:クシナダ)
  • シシノオ(搭乗者:キリュウ)
  • カゼノオ(搭乗者:キリオミ)
  • アラノオ(搭乗者:オウカ)
  • ガイオウ(搭乗者:ミカヅチ)
  • シュラノオ(搭乗者:アモン)
  • ツキノオ(搭乗者:ハヤミカ)

その他のメカ

  • アマノシラトリ(搭乗者:オト・タチバナ)
  • 龍の揺り籠

関連商品

DVD

ヤマトタケル 究極DVD-BOX

ヤマトタケル 究極DVD-BOX

CD

*1:谷田部勝義の変名

*2:権利上の問題からVHS、LD、DVDすべての映像ソフトには前期OP・ED曲は収録されておらず、曲だけ後期OP・EDに差し替えられている。

*3:ナレーションも担当

ヤマトタケル

(マンガ)
やまとたける

ヤマトタケル

(読書)
やまとたける

ヤマトタケルノミコト。倭建命あるいは日本武尊。日本神話最大の英雄。小碓命(おうすのみこと)

景行天皇の皇子。仲哀天皇の父。
兄、大碓命を殺した事を父に恐れられ、疎まれる。*1。休む間もなく出雲、熊襲、蝦夷と討伐を命じられ、最後には命を落とす。死後その姿は白鳥になって天に舞ったとされる。

大和やまとは くに真秀まほろば たたなづく青垣あおがき 山籠やまごももれる 大和やまとうるはし

*1:古事記による、日本書紀の記載と殆ど別話。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ