ルーシ

ルーシ

(地理)
るーし

(Роусь, Русь)
中世東欧にあった地名。ドニエプル川の中流域、現在のウクライナのキエフ・チェルニーヒウ・ペレヤースラウ=フメリヌィーツィクィイが形成する三角地帯において存在したと考えられている。古文書や年代記などにおいては「ルーシの地」(Русьская земля)として登場する。9世紀から13世紀半ばに存在したキエフ大公国の中枢であり、大公国の国号となった。最初は「国」という政治的概念として用いられたが、次第に「州」という地理的概念に変更していった。キエフ大公国の分裂後、当地域を支配したポーランド王国、リトアニア大公国、モスクワ大公国、コサック国家の君主、諸教会の主教・司教の称号などにおいて雅号として用いられた。ルーシヤ、ルテニア、ロシアの語源となった。現在のウクライナ、ベラルーシ、ロシアの雅号として用いられる。