レアメタル

レアメタル

(サイエンス)
れあめたる

原義:rare metal=希少金属
たとえば、コバルト、金、プラチナなど。

地球上の存在量・産出量が少ないにも関わらず、携帯電話など半導体産業において需要が高いことによる
需給ギャップから稀少な金属とされる。

他に稀少とされる要因として以下がある。

  • 単体として取り出すことが技術的に困難
  • 採掘や精錬のコストが高い

半導体産業など、レアメタルは先端産業には不可欠な素材である。廃物からの抽出によるリサイクルも積極的に行われている。たとえば使用済み携帯電話の回収などの取り組みが進んでいる。主な産出国は、中国・アフリカ・ロシア・北南米である。

5月15日に鹿児島湾の海底で希少金属(レアメタル)の一種「アンチモン」の鉱床を発見。埋蔵量は、国内の年間販売量の180年分と推定される。

http://www.asahi.com/science/update/0515/OSK201105150023.html


レアメタル - Wikipedia  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%AB

ネットの話題: レアメタル

人気

新着

新着ブログ: レアメタル