Hatena Blog Tags

レクイエム

(音楽)
れくいえむ

REQUIEM。典礼として死者のためのミサまたは死者を追悼する音楽の通称としても広く用いられる。Requiemの名は,死者のためのミサの典礼文に曲をつける場合、たいていは入祭唱(Introitus)から始まり、その典礼文が「Requiem aeternam dona eis, Domine...(主よ、永遠の休息を彼らに与えたまえ……)」と始まるためである。
日本の場合レクイエムを鎮魂曲、鎮魂ミサと呼ぶこともあるが,元来,レクイエムは魂を鎮める為のものではなく,もともと死者に対する罪を軽くしてくれるように神に祈るものである。この点において誤解を招きやすい。

レクイエムを書いた作曲家

モーツァルト,ヴェルディ,フォーレのレクイエムが「三大レクイエム」と称される(ケルビーニのレクィエムを含めて四大レクイエムと称されることもある)。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

モーツァルト、格別に心に響く。その理由は、自然から拾った肉声のような歌が、調性に捕らわれずに揺らいでいて、それが共鳴を手掛かりに連続的な転調で見事に解決されていく様子に魂が揺らぐからと、「K.545」を弾き、「レクイエム」を学び、小林秀雄を読んで思った、というお話。

多くの人が言う。「モーツァルトは他の音楽とは違う」と。 私も「モーツアルトか、それ以外か」というぐらい別格に思える。なぜなんだろう。 「それはモーツァルトが天才だからさ。」そうかもしれない。 それでは先に行けないので、モーツァルトをモーツァルトたらしめている理由を言葉で理解したい。と、いうことで、碩学の書いた本をいくつか読んでみた。その後で自分の体験と対比して感想を述べてみたい。 【モオツアルト】 小林秀雄は「モオツァルト」の中で、以下のようなことを言っている。 1)モオツァルトの主題は短い。その短いメロディが、作者の素晴らしい転調によって、魔術のように引き延ばされ、精妙な和音と混じり合い、聴…

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ