ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーション

(映画)
ろすといんとらんすれーしょん

原題:Lost In Translation

  • 2003年|アメリカ映画|102分
  • ソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)第2回監督作品。
  • 第76回アカデミー賞にて、オリジナル脚本賞受賞。

スタッフ

出演

ストーリー

「全盛期を過ぎた中年ハリウッド俳優のボブ(ビル・マーレー)。サントリーのCM撮影に東京にやってきた彼は、異国の環境になじめず孤独感を深めていた。
一方新婚の夫の仕事で同行したシャーロット(スカーレット・ヨハンソン)は、多忙な夫に取り残され、異国に、そしてまた夫との間に疎外感を感じていた。そんな二人がホテルで繰り返し顔をあわせるうちに、心を寄り添わせていく・・。
性別、境遇、年齢、とアメリカ人であること以外すべてが異なった、本国では出会うはずの無い二人の男女が、異国で「何かを失うこと」によって逆に何かを得ていく過程を、ソフィア・コッポラ本人が実際に目にした東京の「異国情緒」をうまく使いながら描くラブ・ストーリー。タイトルは、本来は翻訳の過程で何か意味が落ちていくこと、を指す。」momochiki 「映画観覚」

アマゾン

ロスト・イン・トランスレーション [DVD]

ロスト・イン・トランスレーション [DVD]

Lost in Translation

Lost in Translation

ネットの話題: ロスト・イン・トランスレーション

人気

新着

新着ブログ: ロスト・イン・トランスレーション