ワルキューレ

ワルキューレ

(アニメ)
わるきゅーれ

『マクロスΔ』に登場する戦術音楽ユニット。
自我を失い凶暴化する奇病「ヴァールシンドローム」に対処するため、ケイオスが結成した戦術音楽ユニット。キャッチコピーは「超時空ヴィーナス」。
彼女らの歌声から発生する生体フォールド波により、ヴァールシンドロームの症状の沈静化や予防を行う。しかし録音したもしくはデータ化した歌声ではそれらの効果が激減してしまうため、ワルキューレはΔ小隊の護衛を受けながら直接歌を聴かせるライブを行っている。
メンバーは美雲・ギンヌメール(CV:小清水亜美、歌唱:JUNNA)、カナメ・バッカニア(CV:安野希世乃)、マキナ・中島(CV:西田望見)、レイナ・プラウラー(CV:東山奈央)、フレイア・ヴィオン(CV:鈴木みのり)。

ワルキューレ

(映画)
わるきゅーれ

Valkyrie

  • 2008年|アメリカ、ドイツ|カラー|121分|画面比:1.85:1|MPAA: PG-13*1

概要

1944年。独裁者アドルフ・ヒトラーの命を狙う者は後を絶たず、40回もの暗殺計画が失敗していた。世界を混沌に変え、祖国ドイツを暗黒に導いたヒトラーを葬るべく、クラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐指揮の下、「ワルキューレ暗殺計画」が動き出す。実話を元にしたサスペンス巨編。監督は『ユージュアル・サスペクツ』などのブライアン・シンガー。

予告編



*1:Rated PG-13 for violence and brief strong language.

ワルキューレ

(ゲーム)
わるきゅーれ

ナムコ(バンダイナムコゲームス)のゲームキャラクター。
初出はファミコン用ソフト「ワルキューレの冒険」(同作はアーケード用にも任天堂VSシステムで稼動したことがある)。のちにアーケードゲーム「ワルキューレの伝説」で活躍。

他シリーズへのコラボレーション

テイルズシリーズではゲストとして登場し、「ナムコクロスカプコン」では仲間として登場する。
テイルズオブエターニアでは「ワルキュリアストライク」、「ワルキュリアセイバー」、「ガードインパクト」というオリジナル技を持っている。
なおテイルズオブファンタジアだけはヴァルキリーという別人が登場して、テイルズオブデスティニー2は「ワルキューレの鎧」、テイルズオブシンフォニアでは「ワルキューレセイバー」として登場している。
ドルアーガオンラインでは4種類のプレイヤーキャラクタの一人として登場、弓で戦う。

ワルキューレ

(一般)
わるきゅーれ

ヴァルキューレ(ドイツ語でWalküreワルキューレ、英語でValkyrieヴァルキリー)とも。北欧神話に登場する複数の半神。

北欧神話の登場人物として

ワルキューレはオーディン(北欧神話の主神にして戦争と死の神)に仕える戦いのディースたち。「戦死者を選ぶ女」を意味する。すなわち、戦場において死を定め、勝敗を決する女性的存在。

描写

兜を被って手に槍を携え、空飛ぶ馬に乗って天を翔ける乙女の姿で描かれる。また、天女のように白鳥の羽衣を持ち、男にこれを奪われるエピソードや、これを身にまとうことで白鳥に変身する描写も登場する。

人数と種類

本来、ワルキューレは九人いるといわれているが、伝承によって十二人、8人と、人数に違いが見られる。
ワルキューレは戦運が神格化された存在であるため、戦闘に関わる言葉をそれぞれ名前としている。

あらすじ

ラグナロクの為にオーディンは勇敢に戦って戦死した王や戦士を神界へ集めている。ワルキューレたちはそういった者たちを選ぶために人間の戦場へと飛来する。倒れた戦士をヴァルハラへと運んだワルキューレたちは復活した戦士たちを天女のようにもてなす役目も担っている。

裏話

後には、人間の王女等も生身のままでワルキューレになれると考えられるようになったという。

リヒャルト・ワーグナーの楽劇『ニーベルングの指輪』の登場人物として

設定は北欧神話のヴァルキューレを強く踏襲している。北欧神話のヴァルキューレはオーディンの従者であって娘ではないが、ワーグナーのワルキューレはヴォータンとエルダの娘である。

姉妹関係

ワルキューレはブリュンヒルデを長女とし、ゲルヒルデ、オルトリンデ、ヴァルトラウテ、シュヴェルトライテ、ヘルムヴィーゲ、ジークルーネ、グリムヒルデ、ロスヴァイセの八人の妹がいる。

役割

劇中でのワルキューレの役割はヴァルキューレとほとんど変わらないが、戦死する勇者を決定する権利が無い。ヴォータンの命令にそむいたブリュンヒルデは神々の世界から追放され、ローゲの炎の中で眠りにつく。

関連:ニーベルングの指環

ネットの話題: ワルキューレ

人気

新着

新着ブログ: ワルキューレ