二河白道

(一般)
にがびゃくどう

二河白道(にがびゃくどう)

善導が『観無量寿経疏』で用いた比喩。
旅人が「水の河」と「火の河」の二河に挟まれた細い白道を、釈尊と阿弥陀の声に励まされて渡るというたとえ語。
法然と親鸞が自著で言及し、二河白道の絵(二河白道図)は、浄土念仏の教えを伝えるために流布した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ