内村航平

内村航平

(スポーツ)
うちむらこうへい

体操選手。
1989年1月3日生まれ。長崎県出身。身長161cm、体重55kg。
東洋高等学校卒業。日本体育大学卒業。
大学卒業後は、コナミに入社。
2012年11月11日、一般女性と結婚。
得意種目は床運動。オールラウンダー。
好物は有楽製菓のチョコ菓子「ブラックサンダー」。

略歴

  • 両親が経営する体操クラブで本格的に体操を始め、中学卒業後に上京、憧れの存在だった塚原直也がいる朝日生命体操クラブで技を磨いた。
  • 2008年5月のNHK杯個人総合で冨田洋之に次ぐ2位に入り、北京オリンピックの日本代表に選出された。
  • 2008年8月、北京オリンピックにて、団体総合と個人総合で銀メダルを獲得した。個人総合での日本選手のメダル獲得は具志堅幸司以来24年ぶりの快挙だった。種目別床運動は5位入賞。
  • 2009年、世界体操競技選手権では、監物永三、笠松茂、冨田洋之に続き4人目となる個人総合優勝を果たした。20歳での優勝は日本人史上最年少。
  • 2011年、世界体操競技選手権男子個人総合で史上初の3連覇を達成。
  • 2012年、ロンドンオリンピック体操男子団体総合で銀メダル、男子個人総合で金メダル。

ネットの話題: 内村航平

人気

新着

新着ブログ: 内村航平