函館市電

函館市電

(地理)
はこだてしでん

函館市企業局交通部(旧・函館市交通局)が運営する路面電車。函館駅前から五稜郭公園・湯の川温泉方面などを結ぶ。
観光地としての「五稜郭」を訪ねるなら、函館市電の五稜郭公園前電停が近い(JR函館本線・津軽海峡線にも五稜郭駅はあるが、五稜郭公園からは距離がある。かつては函館市電自体、国鉄(当時)の五稜郭駅前にも路線が通じていたが、すでに廃止されている)。
以下の2系統があり、ほぼ交互に運行している。

まれに電車車庫への入庫・出庫などの関係で、途中の駒場車庫前や末広町、函館駅前などを始発・終着とする電車がある。
過去には、松風町〜宝来町間を函館駅前を経由せずにショートカットする路線の他、函館駅前〜五稜郭公園前間には別線(北海道ガス(北ガス)の営業所近くを回ることから「ガス会社回り」と呼ばれていた)も存在したが、1992年〜1993年にいずれも相次いで廃止された。
軌間は京王線(井の頭線除く)・都営新宿線・都電荒川線東急世田谷線などと同じ1372mm(馬車軌)。

歴史

亀函馬車鉄道が前身。のちに函館馬車鉄道となり、電力会社の函館水電に買収され電化される(北海道初の路面電車)。その後、帝国電力道南電気軌道を経て函館市に譲渡される。

関連キーワード

ネットの話題: 函館市電

人気

新着

新着ブログ: 函館市電