Hatena Blog Tags

副作用

(サイエンス)
ふくさよう

薬の作用の中で治療に必要な作用を主作用、それ以外の作用を副作用という。

世界保健機関(WHO)の定義は、次のようである。
有害であって意図されない(noxious,unintended)疾病の予防・診断・治療又は生理学的機能の修正(modification of physiological function)のために、通常の使用量で人に(at dose normally used in man)起こる、薬に対する何らかの反応(any response to a drug)

また、アメリカの食品医薬品局(FDA)は、adverse drug reaction(アメリカでは、side effectよりも、この語の方が通常用いられているようである)が使用している定義は、次のようになっている。

人において薬の使用に関係する何らかの有害な結果(any adverse event)、薬に関連しているかどうかを問わず(whether or not considered drug related)、以下のものを含む。
専門的実践における薬製品の使用の過程で起こる有害な結果、事故か意図したものかを問わず、薬の適量超過使用から起こる有害な結果、薬の濫用から起こる有害な結果、薬の使用中止から起こる有害な結果、期待した薬理的効果が有意に発生しないこと(any significant failure of expected pharmacological action)

なお、コンピュータ言語においても、数値の操作に伴う状態の変化の事を、「副作用」(やはりside effect)と言う。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

バイデン大統領 へ!「ウィルス」は人に感染することで「ウィルス」の「種の保存」で生き延びる。 「新型コロナウィルス」を絶滅させるためには「感染者」を発見して、 「感染者を隔離」をして、「感染者を治療」するべきです。 日本のように「自宅」に隔離をすると家族に感染している。 感染者を瞬時に発見するシステムを開発するべきです。 私は「コロナウィルス感知システム」を提案している。 それには、感染者が体の内外に症状を発信する情報を「病理データ」として整備する必用があります。

バイデン大統領 へ! 2021-09-21:拝啓 「新型コロナ対策」で世界は「非論理敵な規準」が「標準」になってきました。クレイジー!。「新型コロナのワクチン」は従来の「治験」をやって正式に安全だと証明されていません。「新型コロナのワクチン」は「簡易」の「治験」で、政府が特例で「緊急使用」を認めた「医薬品」です。 「新型コロナのワクチン」は接種して「何が起こるか」は不明です。接種後の「副作用」はたくさん発生しています。感染の防止効果は接種後、段々に下がっています。したがってワクチンの有効期間がどのくらいあるかは未だに不明です。しかし米国政府などが3回目の「ワクチン接種」を認める位ですから「有効…

フランス大統領  今、世界中の国々では「ワクチン接種の証明書」(ワクチンパスポート)の導入が検討されている。 フランスやイタリアなどでは既に「義務化」されて実施されている。 (ワクチンパスポート)は、多くの人々から問題点を指摘されている。 (ワクチンパスポート)の有効期限は医学的な根拠がない。 これはワクチンそのものの有効性が曖昧だからです。 そして「変異ウィルス」に対する有効性は不明です。 (ワクチンパスポート)の偽物も流通している。これらは、政府による無責任な「政策」です。

フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ 2021-09-21:拝啓 「新型コロナ対策」で世界は「非論理敵な規準」が「標準」になってきました。クレイジー!。「新型コロナのワクチン」は従来の「治験」をやって正式に安全だと証明されていません。「新型コロナのワクチン」は「簡易」の「治験」で、政府が特例で「緊急使用」を認めた「医薬品」です。 「新型コロナのワクチン」は接種して「何が起こるか」は不明です。接種後の「副作用」はたくさん発生しています。感染の防止効果は接種後、段々に下がっています。したがってワクチンの有効期間がどのくらいあるかは未だに不明です。しかし米国政府などが3回目の「ワクチン接種」を…

メルケル 首相   へ   「アメリカのバイデン政権は「ワクチンの接種」を義務化すると言う。 強要された者が「ワクチン」を「接種」します。 しかし彼らが「コロナ」に「感染」した場合、誰が「責任を負う」のですか。 多分、政府は「運が悪い」と言うだろう。 ワクチンを打って、「副反応」で苦しんだり「後遺症」で苦しむケースはたくさんあります。 「ワクチン」を打って数年後に「後遺症」が発生したら誰が責任を負うのか?。 政府はその責任を明確にして「刑事の責任」の法律を制定するべきです。 そして「民亊」の「賠償」の「法

ドイツ連邦 アンゲラ・メルケル 首相 へ 2021-09-21:拝啓 「新型コロナ対策」で世界は「非論理敵な規準」が「標準」になってきました。クレイジー!。「新型コロナのワクチン」は従来の「治験」をやって正式に安全だと証明されていません。「新型コロナのワクチン」は「簡易」の「治験」で、政府が特例で「緊急使用」を認めた「医薬品」です。 「新型コロナのワクチン」は接種して「何が起こるか」は不明です。接種後の「副作用」はたくさん発生しています。感染の防止効果は接種後、段々に下がっています。したがってワクチンの有効期間がどのくらいあるかは未だに不明です。しかし米国政府などが3回目の「ワクチン接種」を認…