Hatena Blog Tags

北マケドニア

(社会)
きたまけどにあ
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

マケドニアの連袂、北マケドニア代表の運命の日 / サッカーと政治 オフリド合意 マケドニア社会民主同盟 民主統合連合 内部マケドニア革命組織・マケドニア国家統一民主党 アレクサンドロス大王 ヨヴァン・バブンスキー エリヤ・スピッツ ドラゴスラヴ・シェクララツ ダルコ・パンチェフ ジュロヴスキー兄弟 イリヤ・ナイドスキ ゴッツェ・セドロスキ ボバン・バブンスキ ゴラン・パンデフ エリフ・エルマス エニス・バルディ ストレ・ディミトリエフスキ エズジャン・アリオスキ リストフスキー兄弟 バブンスキー兄弟

D-デイ マケドニアは煙炎の中で哀歓を共に大事を成し遂げた: 共通の紛れもなく明白なマケドニアのシンボルの元で国家の団結 。たとえしばしばサッカーと深く結びつく旧ユーゴスラビアでそれだけが全ての問題を解決するのに十分でないとしても 。マケドニアは常に代表チームでは必然的に不均衡の中で起臥している。 そして独立の望蜀はこのような殷富と怡悦の瞬間を待つために快駛していた。それは社会的日常で必ずしも見つけることができない多くに分けられる異民族の融和、またマケドニアの名のもとに添うことを証明する混合: 主に正教のスラヴォ-マケドニア人、アルバニア人むしろムスリム、セルビア人、ロマ人、トルコ人、ワラキア…

関連ブログ

ロシアによるウクライナ侵略について大量の報道がなされる中から,少し視点が異なった記事を二つ. 人のすること / 師岡カリーマ(東京新聞) 戦争やそれに準ずる憎しみは,人間から信じがたい狂気と暴力性を引き出す.だから,戦争はもう絶対に起こしてはならないのだ. きれいごとでも理想論でもない.高度に洗練された外交理念だ. 敗戦への備え/フランシス・フクヤマ(AMERICAN PURPOSE)1. ロシアはウクライナで完敗に向かっている.8. 今回の侵攻は,世界中のポピュリストに大きなダメージを与えた.----

新型コロナの報道に代わって,ニュースのトップがロシアによるウクライナ侵略となっておよそ二ヶ月. 大量の報道がなされる中から,少し視点が異なった記事を二つ取り上げます. 一つは東京新聞「本音のコラム」師岡カリーマさんの“人のすること”. もう一つは,American PurposeのFrancis Fukuyamaによる“Preparing for Defeat”(敗戦への備え). 師岡カリーマさんは差別への鋭い指摘が群を抜いている方.東京新聞の記事はその通りと全面的に支持したいと思います. またフランシス・フクヤマは著名な政治学者.内容の正しさについて私には全く評価する力はありませんが,彼の「…