千宗易

(読書)
せんのうそうえき

茶道の大成者、千利休のこと。
現代人的には千利休だが、実際にはこの名を得た時期が遅い(1585年に正親町天皇から与えられた((実際の考案者は諸説あって確定していない)))ので、茶人としては「千宗易」として活躍していた期間の方が長い。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ