茶の湯

(アート)
ちゃのゆ

→茶道

湯を沸かし茶を点てて飲むことそれ自体の総称。
日本の代表的な伝統芸能であり総合芸術。

最も古い文献では陸羽(〜804)が書いた『茶経』より茶の記述は始まる。
鎌倉時代、栄西禅師により「茶」が日本に紹介され、
禅宗の一様式「茶礼」として日本に根付く。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ