Hatena Blog Tags

反復強迫

(一般)
はんぷくきょうはく

ジークムント・フロイト『自我論集』に載っている「快感原則の彼岸」で語られている。
快感原則と現実原則では説明できない現象がある事にフロイトは気づいた。
その例としてフロイトは4つ挙げている。
1、PTSDの患者が病気の原因になった苦痛な体験の夢を繰り返し見る
2、フロイトの孫の幼児が糸巻きを使った「いないいないばー遊び」(フォールト・ダー遊び)
3、医者と患者の転移関係の中で、患者の過去の苦痛な体験が繰り返し演じられること
4、他者との人間関係がいつも同じ結末に終わる人
そこには共通の「苦痛な体験にもかかわらず何度も強迫的に繰り返す」というパターンがある。
このような強迫を、「反復強迫」と呼ぶ。
「快感原則の彼岸」に反復強迫があり、それは死の欲動の現れである。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

■柄谷行人の新作『力と交換様式』について(3) 柄谷行人は、人類の社会構成体の歴史を、《 交換様式A 》《 交換様式B 》《 交換様式C 》《 交換様式D 》と言って、説明してにいる。それが 、『 世界史の構造』から『力と交換様式』にいたる最近の柄谷理論のキーワードである。したがって、まず ここから説明しよう。まず《 交換様式A 》について。これは未開社会 、あるいは原始社会の交換様式である。この社会では、具体的に言うと、《 互酬交換》が行われている。この《 互酬性 》の段階では 、交換はほぼ平等に行

■柄谷行人の新作『力と交換様式』について(3)柄谷行人は、人類の社会構成体の歴史を、《 交換様式A 》《 交換様式B 》《 交換様式C 》《 交換様式D 》と言って、説明してにいる。それが 、『 世界史の構造』から『力と交換様式』にいたる最近の柄谷理論のキーワードである。したがって、まず ここから説明しよう。まず《 交換様式A 》について。これは未開社会 、あるいは原始社会の交換様式である。この社会では、具体的に言うと、《 互酬交換》が行われている。この《 互酬性 》の段階では 、交換はほぼ平等に行われ、あまり貧富の差や身分の差などは発生しない。富を独占的に所有するような権力者や支配者も、存在…