嘉田由紀子

(社会)
かだゆきこ

嘉田由紀子(1950年5月18日 - )は、日本の政治家、環境社会学者。滋賀県知事。前日本未来の党代表。

略歴

1950年5月、埼玉県本庄市に生まれる。
1973年、京都大学農学部卒業。
1981年、京都大学大学院農学研究科博士後期課程修了。農学博士(号)を授与。
その後、滋賀県立琵琶湖博物館総括学芸員などを経て京都精華大学人文学部教授。
2006年7月、滋賀県知事選挙で、与野党相乗りの現職を破って初当選。
2010年7月、滋賀県知事選挙で、2回目の当選。
2012年11月、旧日本未来の党を結成し、代表に就任。翌月の衆議院議員総選挙には立候補しない意向を表明。
2012年12月、旧日本未来の党生活の党への党名変更と同時に離党し、新たに日本未来の党(同名の別団体)を結成し、代表に就任。
2013年1月、日本未来の党の代表を退任。
2014年5月、次期滋賀県知事選挙(2014年6月26日告示、7月13日投開票)に立候補しない方針を明らかにした。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ