変分法

変分法

(サイエンス)
へんぶんほう

"calculs of variations", "variational methods" の和訳.(大抵は積分を使って定義された)汎関数を最小化する関数を見つけ出す数学的技法.微分法の発展形と見ることができる.
創始者は微分法と同じくアイザック・ニュートン.当時の学者の間で話題になっていた最速降下線問題を,ニュートンは変分法の開発によって解決した.

リスト::物理関連 リスト::数学関連

ネットの話題: 変分法

人気

新着

新着ブログ: 変分法